読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】The Kinks / You Really Got Me [1964]

【小激論】キンクス草食系なのか?

 

キンクスは草食系の元祖なんて話題を最近どっかで見た。

なるほど。言い得て妙というか、
確かに歌っている内容はアグレッシブなロックとは違い、
割と落ち着いた感じで曲も結構牧歌的なものがあったりもする。

ストーンズやフーのようなゴリゴリ感は無いかもしれない。
そういった意味では草食系と言えなくもない。

しかーし!
この曲は正真正銘の攻撃型ロックンロールだぜ~?
『You Really Got Me』。
好きだ。一時期ハマって良く聴いてた。


 なんだかヴァンヘイレンのカバーの方が
定着している気がしないでもないが、
れっきとしたキンクスの代表曲だ。

あと木村カエラ奥田民生とコラボしてカバーしてた曲でもある。
綺麗にまとまっててそれはそれでなかなか好きだったけど、
俺はやっぱりオリジナルの跳ねるような荒々しい感じが好きだ。

歌詞は「お前にやられちまったよHAHAHA!」みたいなね、
イギリスのバンドだけどアメリカンなノリの曲。
これは草食系というよりむしろリア充っぽさが出ている。

そうやって考えるとこの曲はかなりハジけていると思う。
間奏のギターなんてカッコ良すぎて女子がキャーキャー寄ってきそうだ。
やはりキンクスだって肉食系だったのではないか。
草食系がこんな女子ホイホイな曲をやるはずがない。


この時代に活躍したバンドの中では注目度が低いキンクスだが、
なんとなく今でも熱心なファンが沢山いる感じがする。
そんな根強いコアなファンを持つあたり、やはりリア充である。

結論:草食系の元祖はやはりステゴサウルス


【採点】
・攻撃型英国ロック 40点
・アメリカンなノリ 30点
・バブル期の日本的 10点
・なんかカバーされる事が多い
           1点 
81点

Ultimate Collection Ultimate Collection
Kinks

曲名リスト
1. You Really Got Me
2. All Day and All of the Night
3. Tired of Waiting for You
4. Everybody's Gonna Be Happy
5. Set Me Free
6. See My Friends
7. Till the End of the Day
8. Dedicated Follower of Fashion
9. Sunny Afternoon
10. Dead End Street
11. Waterloo Sunset
12. Death of a Clown
13. Autumn Almanac
14. Susannah's Still Alive
15. Wonderboy
16. Days
17. Plastic Man
18. Victoria
19. Lola
20. Apeman
21. Supersonic Rocket Ship
22. Better Ship
23. Come Dancing
24. Don't Forget to Dance

1. David Watts
2. Stop Your Sobbing
3. Dandy
4. Mr. Pleasant
5. I Gotta Move
6. Who'll Be the Next in Line
7. I Need You
8. Where Have All the Good Times Gone
9. Sittin' on My Sofa
10. Well Respected Man
11. I'm Not Like Everybody Else
12. Love Me Till the Sun Shines
13. She's Got Everything
14. Starstruck
15. Shangri-La
16. God's Children
17. Celluloid Heroes
18. (Wish I Could Fly Like) Superman
19. Do It Again
20. Living on a Thin Line

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする