脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】Beck / Loser [1994]

私は敗者になりたい…。

 

90年代ファン待望!90年代洋楽の代表曲の一つ。
去年だったかアジカンが日本語を混ぜこぜにしてコレをカバーしとりました。

漫画「BECK」と全く同じ綴りだがこちらはソロ・アーティストだ。
まぁ漫画の「BECK」の由来の一つではあるんだけど。
ちなみに他の由来はジェフ・ベックだそうだ。ダブルミーニングっぽい。


そんなBECKの1stアルバムの一発目なんですが、
この曲の何が凄いってとにかく耳にへばりつく程の中毒性だ。
暫くの間、脳から曲が離れない。これは凄い。

何度も聴いているのに、これ聴いた後は
脳味噌が支配されちゃってもう無意識に歌っちゃってる。
「あいまるざーべえべ~♪」て。
英語良く分からなくともそれなりに真似る。

気付いたら知らないうちに鼻歌交じりに歌っちゃってるの。
自然に身体も動く。中毒性が凄すぎる。これ超危険。
この調子で下手に外出しようものなら軽く変態だ。


気だるそうな歌い方にラップ要素と実験的なサウンド。
それでいてリスナーの耳に残るキャッチーさ。恐ろしい。
ゴチャゴチャな曲のハズなのにキャッチーという両立性。
何故ここまでキャッチーなのか分析したいくらいだ。

しかし音といい歌詞といいメロディといい、
まさに90年代のありとあらゆる要素が詰まったような曲。
この曲聴いたら「ああ、これが90年代だな」っと思って差し支えない。
90年代をものの4分で体感できる。便利な曲だ。


歌詞の意味は「LOSER=敗者」。
サビでは「俺は負け犬いっそ殺して」とか歌ってます。
ガンダムWのトレーズはコレが元ネタだったりしないですかそうですか。

しかし、そんな内容のくせに曲のパワーは強力!負け犬のくせに!
そしてそんな負け犬の歌にいとも簡単に支配されちゃう俺は無力!

今宵もそんな負け犬の負け犬な俺はこの曲を狂って歌いだすのだ。


【採点】
・キャッチーなサビ   30点
・実験的なサウンド   30点
・まさに90年代の象徴  20点
・負け犬ヘンタイの俺  -5点
75点

メロウ・ゴールド メロウ・ゴールド
ベック

曲名リスト
1. ルーザー
2. ペイ・ノー・マインド(スヌーザー)
3. ファッキン・ウィズ・マイ・ヘッド(マウンテン・デュー・ロック)
4. ウイスキークローン、ホテル・シティ 1997
5. ソウル・サッキン・ジャーク
6. トラックドライヴィン・ネイバーズ・ダウンステアーズ(イエロー・スウェット)
7. スウィート・サンシャイン
8. ビール缶
9. スティール・マイ・ボディ・ホーム
10. ナイトメア・ヒッピー・ガール
11. マザーファッカー
12. ブラックホール

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする