読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】円広志 / 夢想花 [1978]

アーティスト:マ 邦楽 1970年代 65~69点 Song

とんで×9は意外と息がきつい。

 

テレビ等でも良く耳にする曲。
円広志自身もこの歌で良くネタにされてる曲だ。

とにかく「とんで×9」のインパクト。
これに尽きる曲だ。これを開発しただけで彼は凄い。

これ、息継ぎなしで本気で歌うと意外ときつい。
でもだんだん酸欠になりながらも
なんとか歌えるという絶妙なバランスだ。
このなんとか歌えるラインってのが実にうまい。

そしてその後の
「まわってまわって~」の部分は結構ラクなんで
カラオケ的にはきつい間のオアシス的ポイントだ。
実に歌って楽しい聴いて楽しいのお手本的曲。

こりゃ、カラオケで人気なわけだ。
これだけで円広志の印税が結構あるとかないとか。
そりゃ貰って当然だ。だって「とんで×9」開発者だぜ。

そしていつもの歌詞深読みコーナー
「私は蝶になり」と歌っているものの、
「とんでとんでとんで~」と、とびまくりの様子は
実はやっぱドラッグの曲なんじゃねって話だ。

「忘れてしまいたい事が今の私には多すぎる」

「夢のなかへとんでいくわ」


むむっ、これはやはり麻薬でトリップする意味にもとれるのでは?
タイトルの「夢想花」もなんとなく麻薬の花を連想させるし、
円さん、どうなんですかっ!?
といったロックな解釈を強引にキメこむのもアリだ。

さて、一発屋イメージが強い円広志ですが、
かの『越冬つばめ』の作曲もしているんですね。

「ヒュルリーヒュルリーララー♪」


って鳴いているアレです。

…ん!?
この飛んでる感覚ももしやドラッグの影響か??
やっぱり円さん、本当のところどうなんですかっ!?
といったロックな(以下略)


【採点】
・一発だけど十分なんだぜ 30点
・カラオケが気持ちいいよ 30点
・とんで×9         9点
・勝手にロックに解釈しましたごめんなさい
             ー3点
66点

ポプコン・マイ・リコメンド 円広志 ポプコン・マイ・リコメンド 円広志
円広志

曲名リスト
1. ハートスランプ二人ぼっち
2. 風のアルペジオ
3. 雪の降る人
4. 蒼い終列車
5. ほろりと傾いた夜
6. お前を抱けない夜
7. 大阪 Broken Heart
8. Blue Sky Blue
9. 無口なジュリア
10. 越冬つばめ
11. Never Mind
12. 歌いましょう
13. ギュッと抱きしめて
14. グランブルーの指先
15. 心が晴れたことがあるか
16. 夢想花
17. 静かな戦士

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする