読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】THE BEATLES / 1 [2000]

アーティスト:ヒ 洋楽 2000年代 85~89点 Album

これぞベスト盤。異論は認めない。

#1 (Remastered) #1 (Remastered)
Beatles

曲名リスト
1. Love Me Do (Remaster)
2. From Me To You (Remaster)
3. She Loves You (Remaster)
4. I Want To Hold Your Hand (Remaster)
5. Can't Buy Me Love (Remaster)
6. A Hard Day's Night (Remaster)
7. I Feel Fine (Remaster)
8. Eight Days A Week (Remaster)
9. Ticket To Ride (Remaster)
10. Help! (Remaster)
11. Yesterday (Remaster)
12. Day Tripper (Remaster)
13. We Can Work It Out (Remaster)
14. Paperback Writer (Remaster)
15. Yellow Submarine (Remaster)
16. Eleanor Rigby (Remaster)
17. Penny Lane (Remaster)
18. All You Need Is Love (Remaster)
19. Hello, Goodbye (Remaster)
20. Lady Madonna (Remaster)
21. Hey Jude (Remaster)
22. Get Back (Remaster)
23. The Ballad Of John And Yoko (Remaster)
24. Something (Remaster)
25. Come Together (Remaster)
26. Let It Be (Remaster)
27. The Long And Winding Road (Remaster)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

ベスト盤です。

ベスト盤ですよベスト盤。

ベスト盤って音楽雑誌や音楽情報サイトなんかじゃ、
評価の対象から除外されている事が殆どだ。
『ベスト盤~?やっぱオリジナルじゃないとね~』的な感じで。


その気持ちも分かるけど、
シンっっっっっプルにいいものはいい!
そういう話をするのも大事である。


というわけで20世紀最大バンドのベスト盤、
THE BEATLES で『1』です。

文字通りビートルズがチャート1位を記録した曲を全て収録したという
まさにベストオブベスト!男の中の男!漢の中の漢!


そしてチャート1位の曲集めるとちょうど27曲で80分という
なんと、ちょうどCD1枚分のボリュームになっていたのだ!

まさかあのレコード時代から、ベスト盤CDが出る事を予見して
1位獲得の数と演奏時間を狙って調整していた!?

と言わんばかりのピッタリぶりに感動と寒気すら覚えるベストだ。


そして曲順も年代順に並んでいるのがまたGood。
ビートルズも初期と後期では曲調がかなり変化しているので、
その変遷を辿りながら楽しめるのがこのアルバムの醍醐味の一つ。

ベスト盤というと良くファンが
「あれが入ってない」だの「これは入れるべきじゃない」だの
色々と物議を醸す事が非常に多い(俺もしょっちゅう思う)のだが、
このベストに関してはそんな余地が無いのだ。

ビートルズの1位曲全部を年代順に並べたぞ。文句ねーだろ。」
「へい、すんません。」

という最強かつシンプルな構成。
まぁ!なんて分かり易い!
ベスト盤に相応しい非常にしっくりくる内容だ。


勿論ベスト盤ではビートルズの魅力が全然伝わらないという、
そんなビートルマニア達の話も分からないでもない。

しかし俺は中学の時にこのアルバムが出たので買ったのだが、
見事にビートルズにハマってそれから各アルバムを聴き始めたのだ。
こんな風にベスト盤がそのアーティストの入り口になる可能性は大きい。


あー思い出すなぁ…。
あの頃のキラキラとワクワク感でいっぱいだった日々。
家に帰ったら買ってもらったMDプレイヤーと戯れてた日々。
今はもう帰ってこないあの日々よ…。

そんな個人的な思いも詰まった大事なアルバムだ。
ビートルズ入門編としてはまさに最適なアルバムなので、
深くて面白くてややウザいファンが渦巻く
ビートルズの世界への入り口として聴いてみるといい。


【採点】
・ベストの中のベスト  30点
・分かり易いコンセプト 30点
・入門編として最適   20点
・示し合わせたかのような収録時間
             5点
・キラキラしたあの日々  2点
87点




広告を非表示にする