読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】LAST ALLIANCE / 片膝の汚れ [2008]

アーティスト:ラ 邦楽 2000年代 90点~ Song

この風、この肌ざわり、
この匂いこそロック魂よ!!

 

ロック魂を刺激する!!

心を突き動かすようなロックの衝動ってこんな感じじゃないの!?
叫び、祈り、怒り、諸々の気持ちを歌に乗せて力任せに叩きつける、
ダイレクトに、ストレートに、バンドの熱量を伝える泥臭きロック。

これこそがロックの真髄であり本質であり
素晴らしいところなのではなかったのか。

そう感じさせてくれる珠玉のロックナンバーだ。

LAST ALLIANCE、ラスアラはもっと売れて良かったと思う。
そしてこんな初期衝動的ロックに人気が集まらない時代を寂しく思う。
それくらいに本当に好きなんだよこの曲。


まさに感情をぶつけたような音楽。
とにかく熱い、熱いのだ。
歌詞も曲も全てがひたすらに泥臭くてカッコイイ

この泥臭い匂いこそがロック魂よ!
ランバ・ラルが戦場に降り立ったときは
きっとこんな気分だったに違いない。

「無駄口陰口叩くカス連中に明日なんて来やしない」
「くそったれの向かい風 脳裏に吹く臆病風」
「泣き言は闇へ」 「目を逸らさず明日を追え」


この心を揺さぶる言葉の数々。
なんという力強さだろうか。

『片膝の汚れ』という文字通り、
転んでも起き上がろうとしている不屈の精神がここにある。

「誰でも輝ける何かを持ってるんだよ」とか
「いつか必ずいい事あるよ」とか
希望の光はそこにはない。


そんな生ぬるい希望とは違うのだよ!
代わりにそこにあるのは
どこまでも青臭くいつまでも絶える事のない意思だ。

こんなにロックらしいロックが逆に新鮮に思える今日この頃。
ラスアラはこんな心にズキズキくるような曲を沢山書いてくれているが、
特にこの曲は大好き。直撃世代というのも手伝って印象的な曲だ。


ダサいとか中二病とか言われてもいい、
そこで寒気を感じる人間なのか熱くなれる人間なのか?

たまには気取らずに愚直でいたっていいじゃないか。
この荒々しい衝動に酔ってみようぜ!


【採点】
・この風!   30点
・この匂い!  30点
・この肌触り! 30点
・俺、ロックの中でロックを忘れていたよ…
         2点
92点

c.s.c20022011 c.s.c20022011
LAST ALLIANCE

曲名リスト
1. LAST ALLIANCE
2. 一刀旅団
3. Drag On
4. スロースターター
5. MY IDEA
6. Fly again,hero
7. EQUAL REASON
8. MABOROSHI MEMORY
9. Sketch
10. 夢想時代
11. One Drop Of Tear
12. 片膝の汚れ
13. Melancholy

1. TRUTH IN MY ARMS
2. I.O.J.F.K
3. ソリチュード
4. astrogate-0
5. HEKIREKI
6. COLOR DESERT
7. 羅針
8. 疾走
9. 真冬の蝉
10. BOYS DON’T CRY
11. 流星涙
12. 蒼い銃創
13. KONOYUBITOMARE

1. a burning bullet
2. Last Word
3. HEKIREKI ~Acoustic ver.~
4. WORLD IS MINE ~Acoustic ver.~
5. NE(W)ROTIC WORLD ~Acoustic ver.~

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする