脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

実はみんな地方創生って本気で考えていない説


猫も杓子もなんとなく地方創生。

何年も前から地方創生!地方創生!とか言われてて
なんかもう目的も内容もぼんやりとしてきちゃって、
ただただ言葉だけ一人歩きしている状態だ。
はっきり言って中身が伴っていないのは薄々皆気付いているだろう。

ぶっちゃけだ。
結局本気で地方創生したいと思ってる人は少ないのだと思う。
そうじゃなきゃこんな状況に誰がしたんだ。


テレビなんかでも過疎の地域の年輩の方がね、
「もっと若い人が来てお店を出してくれたら~」とか
「もっと若い人が住んで新しい事業を始めてくれたら~」とか

いかにも地域の事心配している風に語るんだよ。
こんなんで本当に地方創生が進むと思ってるのかね?

あのね、日本の人口比的に圧倒的に若者は少数派なのよ。
若者の絶対数が少ない上にその中で一体どれだけの人間が
自分の所にわざわざやってきて「よし、やるぞ!」と思うのか。

これだけ景気の先行きが見えない状態で、
地方で起業とかリスクを負う若者なんて全人口のほんの一部でしょう。
はっきり言って地方で頑張るより都会でそれなりに暮らすほうがベター。
そう考えている若者が多いのだ。根本的にそこんとこ分かっていない。

だからそういう若者を説得する材料が必要なのだ。
こんな状況なのにその少ない若者が”自分の町に来てくれる”なんて
よっぽどの魅力が無い限りどう考えても可能性低すぎでしょ。

町おこしを考えている自治体が日本にごまんとある中で、
自分の町を若者が選んでくれるという保証は全くない。
本気で考えているのならまず若者の事を分析せよ。


そこでもう一つ疑問に思ったのが、
なんとかしてくれるのが「若者」である必要性はあるのか?って事。
なんでお店出したりするのは若い人じゃないとダメなの?
最初っから若い人に任せる気まんまんじゃないですか。

その地域に昔から住んでる年配者が「ここいらでお店だそう」とか
「なんか新しい事始めてみよう」ってやればいいじゃないか。
金銭的にも若者よりよっぽどリスクは少ないでしょう?

「流行りが分からない」なら自分なりに勉強すればいいし、
「ノウハウを知らない」なんて言っても誰でも最初はそうだ。

大体今は人口減少がもう不可避なわけだ。
前提として日本全体の人口が減るという事実がある。
若者世代はどんどん少なくなってくるというのに、
その若者を頼るとか希望的観測も甚だしい。

結局ね、自分はもう年を取ったからなんて理由をつけて何もしないのだ。
だって自分達は年金貰えるし地方のために今更頑張る必要なんてない。
だから若者来てくれないかなーなんて他力本願の思考になるのだ。

本気で地方創生を思ってるならね、年齢に囚われるはずがないんだよ。
何歳になっても出来る事はあるし、何なら若者と一緒になって自分もやる。
それを「これからは若者の時代」とか言うだけ言っといてなんだそれ。

人口比的に少なくてこれから増えるわけがない若者の少ないパイを、
なんか適当に魅力アピールしてれば来てくれるくらいの気分で取り合って、
結局惹きつけられずにうまくやった一部の自治体か都会に取られて、
「若い人が来ないじゃしょうがないよねー」ってそのまま諦めムード。


そして、更に思うんだが地方創生って本当に成し遂げないといけないの?
かなり根本的な疑問だが。なぜ地方創生するの?何を問題と認識してるの?

地方が人口流出で疲弊して街が消えていく事の問題点って
「なんか寂しい」「同じところに住んでいたい」といった、
いまいち具体性のない問題ばかりじゃないのかな。
「活気が無い」なんて話も「静かで落ち着いている」と換言出来る。

確かに首都機能を分散化しないといけないとは思うが、
それと地方創世という話は同一線上の問題と言うのはちょっと違うし、
地方の過疎化の問題なら技術革新が進めば大分緩和される。


実はみんな心の底からは地方創生を望んでいないんじゃないか。
そもそも地方創生自体スローガンばかりが目立って内容が良く分からん。
何が目的でもなくなんとなく「地方創生」の波に乗っているだけでしょ。
なんか周りも言ってるからとりあえず地方創生を掲げとくか的な。

だって地方にいても特に現状に不便してない人が殆どだろうし、
無理して地方創生する必要性を感じていないから心からそう思っていない。
あと、俺も地方民だがこれだけネットが発達した今、
ぶっちゃけ利便性だけならそんなに不満なんてない。


だから上辺だけ叫んでる地方創生なんて絶対に成功しない。
根本的に何が問題でどういった部分に地方創生が必要なのか。
そこをしっかりと把握してしかるべきところに対策をするなら良いが、
どの地方も他がやってる事と同じよーな地方創生名目で税金を使って
内輪で盛り上がって終わり。そしてみんな他力本願で人任せ。

ジリ貧だ。でも裏を返せばそれくらいの熱って事でしょ。


地方創生ってなんだか義務みたいなものになってるけど、
実際は自分が死ぬまで今のような暮らしが出来ればオッケーな人ばっかで、
でもなんか地方創生言っておかないといけない雰囲気だから人に頼りっきり。

そして例え若者が頑張ったとしても失敗したら見向きもされないんだろうな。

なんか地方創生って望まれないし報われないテーマになりつつあると思う。

4140882972 田舎力―ヒト・夢・カネが集まる5つの法則 (生活人新書)
金丸 弘美
日本放送出版協会 2009-08

by G-Tools
広告を非表示にする