脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】Primal Scream / Screamadelica [1991]

偏見まみれでゴメンナサイ。

スクリーマデリカ スクリーマデリカ
プライマル・スクリーム ジャー・ウーブル

曲名リスト
1. ムーヴィン・オン・アップ
2. スリップ・インサイド・ディス・ハウス
3. ドント・ファイト・イット、フィール・イット
4. ハイヤー・ザン・ザ・サン
5. イナー・フライト
6. カム・トゥゲザー
7. ローデッド
8. ダメージド
9. アイム・カミン・ダウン
10. ハイヤー・ザン・ザ・サン
11. シャイン・ライク・スターズ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

洋楽における1991年は、
強烈なアルバムが多数出た記念すべき年として有名だ。
ニルヴァーナレッチリU2マイブラ、挙げればキリがない程。

このスリーマデリカもそんな1991年作品だ。

最初にこのアルバムを聴いたのはいつだったか。
まだ頭の中には「ロックとはこういうものだ」という
ある意味で青臭い、ある意味で可愛らしい考えがあった時だった。

そんな状態で”ロックの名盤”みたいな扱いをされていた
このアルバムを聴いた俺は

「違う!お前なんかロックじゃない!

とか思わず叫んだのだ。

俺はこのアルバムがロックだと思って聴いたのだ!
そしたら全然違うじゃん…俺が思てたロックとちゃう…
なんというかコレ、お洒落なハウス?テクノ?ダンス?

これがロックとかいったヤツ出て来いや!
あんたにゃロックかもしれへんけど、当時のワイは騙されたんや!


しかし当時取り乱して意味不明な事を供述していた俺も
今は大分平静さと落ち着きを取り戻しており、
これがロックと他の音楽との融合という誰もが考えるテーマへの
一つのアプローチの結果だとかやたら小難しい解釈に着地してはいる。


というわけで俺はロックという狂った幻想に騙されていた
と、そう認識した上で改めて聴けば…


うーん。やっぱり良く分からん。

別に文句を言うほど悪くは無かったんだけど、
別に世間が言うほど良くも無かった。


1991年当時の感覚を脳内で勝手に想像して聴けば、
なんとなく時代を一つ切り開いたんだろうなとか、
そういったぼんやりとした感情は抱く事は出来たんだけどね…

ガッツリ体が動くというよりは
小刻みに体が揺れるようなノリ。ぷるぷるぷる。

不思議な浮遊感はあるんだけど、
なんというかパンチが欲しい。

現代っ子が白飯じゃ味が薄くて食えないとかいうけど、
俺にとってのこの作品は、なんかその気分に近い。

ジャケットも独特だけど好きかと言われると微妙だ。
ちょっと私前衛的な音楽嗜んでますよ的女子大生が
こんな感じのTシャツ絶対着てるもん(完全なる偏見)。

ロックと勝手に勘違いした事に始まり、
結局自分の中で咀嚼できずに女子大生を僻む結果になった作品だ。

それでもこれから年月を重ねればまた感じ方が変わるのか?
とりあえずまた暫く寝かせておこう。


【採点】
・ロック+αの音楽 20点
・不思議な浮遊感  20点
・独特なジャケット 20点
・白飯だけでは物足りない…
          ー5点
55点

広告を非表示にする