読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】CORNELIUS / New Music Machine [1997]

アーティスト:コ 邦楽 1990年代 70~74点 Song

今はもう動かないそのマシーン。

 

渋谷HMVが復活だとさ。

⇒HMV&BOOKS TOKYO 本と音楽を融合させた旗艦店、渋谷にオープン!

デジタル化時代の波もあって2010年に閉店していたらしいが、
単なるCD売り場だけでではなく、書籍や関連グッズ販売や
カフェやイベントスペース等の新しい内容も追加して、
今までとは違った工夫で再起を目指すそうだ。

HMVは数年前にローソンと業務統合したので、
きっとその中で組織の新陳代謝があったのんじゃないかなとか思う。

ちなみにローソンに置いてあるHMVのフリーペーパーは情報量も多く、
地域のイベント情報なんかも有難いので俺も良くお世話になってます!

でもフリーの冊子だけ持って帰るのはなんか心苦しいので、
大体ローソンのマチカフェでアイスカフェラテ買ってる。
うまくローソン戦略に踊らされている気がしないでもないが。


というわけで90年代渋谷系だ!

コーネリアスは正確には渋谷系では無い説もあるが、
最近パスピエがカバーしていたのを聴いたので、
それもあってのこの曲をチョイスだ。

コーネリアスは音楽関係者や海外からのウケがやたら良いけど、
表にもあまり出ないので日本での認知度は低い。
最近は作品もリリースしてないっぽいんで裏方に徹してる様子だ。

『NEW MUSIC MACHINE』の名に恥じぬ通り、
新しい何かが飛来するような謎のワクワク感が凄いぞ!
リアルタイムでコレ聴いていた人は、
これぞ新世紀!とか思ってたんだろうね。


さて、『NEW MUSIC MACHINE』とはなんなのか。
97年発表のこの曲の歌詞の中には
「2001年にNASAが作り出したマシーン」と予言がある。

「航空宇宙局が音楽機器は造ってへんやろ!」という、
完全にツッコミ待ちのボケなのかと思いきや、
NASAなので逆に極秘に色々開発してそうな気もして、
実はなかなかツッコミにくいという側面も持っている。

そしてさらに歌詞の中に、
「2010年になんか全部ぶっ壊れた」
とある。


というわけで今は壊れているそうだ。
NASAは基本極秘だから多分情報は流れてこなかったんだろう。
知らない間に作られ壊れていたマシーンだったようだ。

今後は『Neo Music Machine』とかに期待しとこう。


【採点】
・新世紀のワクワク感    30点
・渋谷HMV復活おめでとう! 30点
・ローソンのマチカフェのアイスカフェラテはあの美味しさで150円はお得
              15点
・意外とツッコミにくい歌詞 -1点
74点 

Fantasma Fantasma
Cornelius

曲名リスト
1. MIC CHECK
2. THE MICRO DISNEYCAL WORLD TOUR
3. NEW MUSIC MACHINE   
4. CLASH
5. COUNT FIVE OR SIX
6. MONKEY
7. STAR FRUITS SURF RIDER
8. CHAPTER 8 ~Seashore and Horizon~
9. FREE FALL
10. 2010
11. GOD ONLY KNOWS
12. THANK YOU FOR THE MUSIC
13. FANTASMA

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする