脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】茅原実里 / Contact [2007]

長門有希ちゃんの(イメージの)消失。

Contact Contact
茅原実里

曲名リスト
1. Contact
2. 詩人の旅
3. ふたりのリフレクション
4. 純白サンクチュアリィ
5. Dears~ゆるやかな奇跡~
6. Cynthia
7. sleeping terror
8. too late?not late...
9. 夏を忘れたら
10. mezzo forte
11. 君がくれたあの日
12. truth gift

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

声優さんって歌上手い方多いよね。
まぁそうじゃない人もいるにはいるが。

茅原実里(みのりん)も歌うま声優の一人だけど、
何よりアニメで声聴いた印象と歌のギャップにビビった。

本格的にみのりんが曲を出し始めた頃は声優としての露出も多く、
演じていたのは涼宮ハルヒ長門みなみけの千秋等、
平坦でクールな感じの役柄が目立っていた。

だからきっと本人もそんな感じなんだろうなとか、
勝手に想像していた俺のイメージは、
彼女の曲を聴いた時にあっさりクラッシュした。

もう何コレ。
アニメで聴いたみのりんとちゃう

そんなイメージクラッシャー茅原実里の記念すべき1stアルバムだ。
(一応この前にもアルバムはあるが実質的な1stアルバム)

このアルバムも正直ビックリ。
かなり失礼な言い方になるが、
あの声優さんのCDとは思えない程の力作なのだ。


まずアルバムの流れがとても良い!

曲は全体的にみのりんのクリアな声質に合わせた音作りだが、
似たような曲ばかりかと思いきや、だれる事がない曲の配置で
アルバムとして凄い考えられた構成だと言える。

疾走感のあるトランス系の曲が中心だが、時折落ち着いた曲も。
そしてキラータイトルもしっかり際立っており、飽きさせない。

シングルの『純白サンクチュアリィ』『君がくれたあの日』は勿論、
1曲目の『Contact』から『詩人の旅』への入り方は鳥肌モノだ。

8曲目の『too late?not late...』も
単なるアルバムの数合わせで埋もれさせるには勿体無い程の良曲。

「へー、みのりんアルバム出したんだー」みたいなノリで聴いた俺は
この粒揃いの楽曲群にクラッシュさせられたわけだ。

色々とイメージをクラッシュさせてくれた茅原実里
活動10周年を経て今後も様々な活躍を見せてくれそうだ。


【採点】
みのりん渾身の1stアルバム  30点
・クリアで疾走感のある楽曲群 20点
・アルバムの構成の良さ    20点
・イメージクラッシャーな彼女 10点
80点

広告を非表示にする