脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】Styx / Mr. Roboto [1983]

ゴメンナサイ、ミスターロボット…。

 

「ドモアリガト、ミスターロボット
「マタアウヒマデ」


はい、来ました。
日本語を外国人が曲の中で使っているだけで嬉しくなっちゃう
通称「外人コンプレックス日本人ホイホイ楽曲」である。

ちょうど10年前のドラマ『電車男』でも使われていたし、
バラエティなどでも良く耳にするので、
日本人には結構馴染みがある曲だろう。


不気味なロボットが登場するインパクト抜群のビデオや
特徴的な日本語の歌詞ばかりがピックアップされるので、
どちらかというとユニークな曲という印象が強い曲だ。

しかし実際はこの曲に込められたテーマはシリアスというか、
まー良くある”機械の発達が人類を衰退させる”みたいなヤツだ。

どうやらこの曲が収録されたアルバム自体が
そういったロボットの話題を中心とした
コンセプチュアルなアルバムだという事だが…

何分この曲が単独で一人歩きしてるので
そういった事実はあまり知られていない模様だ。
かくいう俺もアルバムは聴いた事はない。


そんな実は真面目な曲なんだが、
敢えて日本語を使ってる理由は良く分からない。
やっぱりロボットと言えば日本みたいなイメージがあったからか?

でも理由がどんな理由だったとしても
結局洋楽において日本語使うという行為自体が
”遊んでる”感を出してしまう点は間違いないので、
悲しいかな、シリアス感が薄れているよ…。

なんだろう、日本人が英語混ぜるのは今や普通になったのに!
やはりこの気分もコンプレックスなのか!?


日本語のせいでコミカルソングのイメージがついてしまい、
日本人としてなんかゴメンナサイと思わないでもない曲である。

でも日本人として一つアドバイスするならば、
「マタアウヒマデ」に続く歌詞は「アエルトキマデ」だ。


【採点】
・ドモアリガトミスターロボット
           30点
・マタアウヒマデアエルトキマデ
           30点
・ニホンゴニシタヒミツヲシリタイ
           10点
・ニホンゴツカワレテヨロコビマス
           -5点
65点

Best of Times: The Best Best of Times: The Best
Styx

曲名リスト
1. The Best Of Times
2. Babe
3. Boat On A River
4. Mr. Roboto
5. Show Me The Way
6. Renegade
7. Borrowed Time
8. Blue Collar Man (Long Nights)
9. A.D. 1928
10. Rockin' The Paradise
11. Sing For The Day
12. Too Much Time On My Hands
13. Don't Let It End
14. Lady '95
15. Little Suzie
16. It Takes Love

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする