脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】スピッツ / RECYCLE Greatest Hits of SPITZ [1999]

リメンバー・マイアミ・ショック

RECYCLE Greatest Hits of SPITZ RECYCLE Greatest Hits of SPITZ
スピッツ

曲名リスト
1. 君が思い出になる前に
2. 空も飛べるはず
3. 青い車
4. スパイダー
5. ロビンソン
6. 涙がキラリ☆
7. チェリー
8. 渚
9. スカーレット
10. 夢じゃない
11. 運命の人
12. 冷たい頬
13. 楓

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

どんなに売れたCDであっても
それがアーティストが満足してリリースされたとは限らない。

特にベスト盤なんかは企画モノだけに、
レコード会社の意向で「ここらでベスト盤いっとく?」みたいな
いかにもビジネス!って匂いが強い代物である。
 

このスピッツのベスト盤は確かに売れはしたけど、
スピッツと当時のレコード会社であるポリドールで
揉め事になったという話は結構有名だ。


スピッツ自身はベスト盤を出す事をずっと拒否していたのだが、
レコード会社が外資系のユニバーサルに吸収され、
売り上げ目標の達成が急務だったとかとかで、
スピッツのベスト出せばいいんじゃね?」と勝手に決まったらしい。

そんな話が当時マイアミで制作作業中だったメンバーの耳に入り皆驚愕。
会社からはベスト盤の発売が大々的に発表されるも、
ファンクラブ等では「今度のベスト盤は買わないで」という趣旨の
メンバーのコメントが出されるというねじれ状態だった。

これが(ファンの間では)かの有名なマイアミ・ショック

収録曲も勝手にチャートインした曲のみの年代順抜粋と決まっており、
不服に思ったメンバーとレコード会社でかなり険悪になったらしい。
メンバーは最低限の仁義という事で
ジャケットデザイン等は自分達で確認したそうだが…。

しかしこのベストは皮肉にも売れに売れ、
しかもオリコン史上でも稀に見るロングヒットを記録し、
最終的にはスピッツ作品では最高売上げの200万枚越えとなった。

そんなリサイクル(使いまわし)のベスト盤なわけだが…
まーぶっちゃけ内容は凄くい良いんだよねー。

曲順も単純とはいえ『君が思い出になる前に』で静かに幕が開け、
大ヒット曲をいい感じに巡ってラストは切ない『楓』。
コンパクトにまとまってるし正直これで売れないハズが無い。

ごめんスピッツ、申し訳ないけどコレイイですわ。


で、この後2006年に
一部ではなくそれまでの全てのスピッツのシングルを総括する
メンバー公認のコレクションアルバム”CYCLE HIT~”が2種発売され、
それと同時にこの『RECYCLE』は廃盤となった。

色々と物議を醸したベスト盤ではありますが、
単純に作品として楽しめるものだと思う。

そしてこの騒動が、
次の濃厚ロックアルバム「ハヤブサ」の原動力になる…

色々と繋がっている歴史が感じられる一枚だ。


【採点】
・中期スピッツの魅力    30点
・作品として良曲揃い    30点
・ジャケットとかも結構好き 20点
ハヤブサの原動力      8点
88点

広告を非表示にする