脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】後藤輝基 / ジェットエクスタシー(ジェッタシー) [2012]

面白すぎて耳キーンなるわ!

 

BLANKEY JET CITYがダサいとか言うヤツがいる。
それはきっとこのフットボールアワー後藤のせいだぁぁぁぁ!

テレ東が誇る深夜番組ゴッドタンのマジ歌ファンにはお馴染み、
フット後藤がそのダサさを世に知らしめる事となった曲、
ジェットエクスタシー、通称『ジェッタシー』である。

完全にブランキーの『SEA SIDE JET CITY』が元ネタだ。
歌詞もブランキーの曲からの引用があり、
ブランキーが本当に好きなんだなというのは分かる。

そしてこの曲、
実はポイントをしっかり抑えたガレージロックのような
実にストレートで爽快なロックナンバーだ。

しかしこの曲、
後藤というキャラクターが歌う事で、
途端にダサいという烙印を打たれてしまった残念なナンバーだ。


でも映像を観れば観るほど確かにダサい…
なんだろう、本人も狙ってるかのようなダサさ。

後藤は散々ダサくないと言い張ってるけど、
まぁこういう扱いを受けることは当然ある程度予想してて
オイシイ感じになるように演じてるのは間違いない。

だからこの面白さはとても興味深い。
お笑い芸人がベタベタな歌詞を真面目に歌うという光景。
カッコよく振舞おうとすればするほど、
それが逆にダサさを尖らせていくという笑いのテクニック。

このバランス感覚は秀逸!
ナルシズムがユーモアを喚起する!
フット後藤ならではの曲と言えるのではないか?


そしてこれは逆に考えると、
ロックバンドのカッコ良さはある種キャラクターというか
バックグラウンドも含めてのカッコ良さという事の裏返しとも言える。

同じような事を歌っていてもキャラクターでこうも違うのだ。
そんなロックの不思議を再認識させてくれる曲でもある。

しかしこのフット後藤のマジ歌はどれも結構キャッチーで、
気付けば口ずさんでたりするので何気にポテンシャルが高い。
そんなこんなで毎年後藤のマジ歌が楽しみだったりする。


【採点】
・カッコつける程ダサい   20点
・キャラまで計算された笑い 20点
・曲は結構ポテンシャル高い 30点
・でもなんとなくブランキーに謝って欲しい
              -2点
68点

ゴッドタン マジ歌フェスティバル2012 ゴッドタン マジ歌フェスティバル2012

by G-Tools
広告を非表示にする