読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】RHYMESTER / Bitter,Sweet&Beautiful [2015]

大人も子供も、お姉さんも。

Bitter,Sweet&Beautiful Bitter,Sweet&Beautiful
RHYMESTER PUNPEE

曲名リスト
1. Beautiful -Intro
2. フットステップス・イン・ザ・ダーク
3. Still Changing
4. Kids In The Park feat.PUNPEE
5. ペインキラー
6. Beautiful -Interlude
7. SOMINSAI feat.PUNPEE
8. モノンクル
9. ガラパゴス
10. The X-Day
11. Beautiful
12. 人間交差点
13. サイレント・ナイト
14. マイクロフォン

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

ライムスターのアルバム、聴いたのは久しぶりだった。

まーネットのインタビュー記事読んで、
新譜聴きたくなったという理由だけど。

⇒RHYMESTERインタビュー:サブスクリプションによって“超過渡期”にある「ポップミュージック」の今、新作に込めたメッセージとは? : ギズモード・ジャパン


ちなみにこの記事は非常に面白かった。
デジタル化の波が「一曲聴き」を助長させた今、
「アルバムで聴く」という行為が過去のモノになりつつあるのは
業界全体の共通認識なんだろうな。


そんな中ライムスター自身が
「アルバム通して聴いて欲しい」と強く主張する今回のアルバム、
いやー、めっちゃアダルトやん!

ジャケットからして凄い大人なかほりが漂っているが、
そのイメージに寸分違わぬ大人なトラックが目白押しである。
こりゃ子供にゃ早いわ、子供は帰って甘い菓子でも食ってろ。

アダルトと言っても
別にそれは18禁ワード連発してるってわけじゃなくてね、
落ち着いたサウンドとしっとりとしたメロディで、
インタビュー通り、とってもメロウネスな仕上がりという事だ。

タイトルの『Bitter,Sweet&Beautiful』は伊達じゃない!

現実をどちらかというと悲しく切り取った歌詞も、
ほろ苦く切なくオットナーな内容ばかりだ。

特に後半の流れが好きだ。
『The X-Day』『人間交差点』『マイクロフォン』は
一応カテゴリ的には大人な俺にはグッと来るモノがあった。

ただ、ひたすらアルバムイメージに執着している分
ラップの勢いがなくなっているのはあるかもしれん。
俺も昔のライムスターのイメージがあったので、
そこは変わったなーと思ったところである。

ビターでスウィートでビューティフルな、
大人な50分を感じさせてくれるアルバム。
大人ならちゃんと最初から最後まで聴く事だ。

…子供なら何曲か拾って聴いても良し。


【採点】
・メロウネスな楽曲群 30点
・大人なジャケット  30点
・アルバムの一貫性  20点
・でも最終的に何曲かピックアップして聴く
           -3点
77点

広告を非表示にする