脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】orange pekoe / Happy Valley [2002]

俺も見つけたいハッピーバレー。

 

君は知っているか?
日本にもこんな華やかなポップソングがある事を。

今の時代だといまいち分からないかもしれないが、
それこそ10年以上前は結構みんなの人気を集めた曲だったのだ。


オレンジペコー、通称オレペコのメジャーデビュー曲。
その軽やかでシャレオツな曲調は
渋谷系系譜とも言える華やかさだ!

そういえばなんか最近、
90年代渋谷系音楽の再評価の機運が高い気がするのは俺だけか?
どんなジャンルも再評価の流れってたまに来るよね。


しかしこれは単なる渋谷系系譜では片づけられない、
ジャジーで大人な雰囲気に力強いボーカルがマッチした
実に上品なポップさを兼ね備えているのだ。

当時高校生だった俺はそんな上品なこの曲に
「ああ、大人の女性ってきっとこんな感じなんだな~」とか
大人な匂いを感じていたのだ。アホらしいだろ?


しかしハッピーバレーとは一体何か?
おっぱいバレー的なハッピーな谷の事か、
シリコンバレーでハッピーになったIT野郎が、
「ここはハッピーバレーだ」とかキザっぽく言ってるのかこの野郎。

彼女達を知ったのは音楽誌だったか。
テレビとかで特集されていた記憶は無いけど、
結構音楽誌界隈ではフィーチャーされてて、
それで知ってる人も周りにチラホラいた。

エゴラッピンなんかも同時期に流行ってたので、
何気にジャズポップスが盛り上がっていた頃と言える。

決して大ヒットしたとは言い難いけど、
こういった曲も結構皆の耳に届いていた時代。
大人のポップスでありながら、
俺にとっては懐かしくて切ない青春のポップスでもあるのだ。


【採点】
・ハッピーなポップス 30点
・上品でジャジー   20点
・ハッピーバレーはどこにある
           20点
・大人の女性はこんなんじゃなかった…
           -2点
68点

10th Anniversary Best Album SUN&MOON 10th Anniversary Best Album SUN&MOON
orange pekoe

曲名リスト
1. Introduction ~SUN~
2. LOVE LIFE
3. 極楽鳥 ~Bird of Paradise~
4. Honeysuckle
5. キラキラ (for Wild Flowers)
6. ソングバード
7. Joyful World
8. 空に架かるcircle
9. 太陽のかけら
10. Happy Valley
11. Introduction ~MOON~
12. 君の夜空
13. Beautiful Thing
14. ホットミルク
15. 輪舞
16. 黄金色の羽根
17. やわらかな夜
18. Selene
19. Birthday Song (Present to_version) (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする