読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】FRICTION / 軋轢 [1980]

アーティスト:フ 邦楽 1980年代 ~59点 Album

クールなせいで熱くなれない。

軋轢 軋轢
FRICTION

曲名リスト
1. A-GAS
2. AUTOMATIC FRU
3. I CAN TELL
4. 100 NEN
5. CRAZY DREAM
6. CYCLE DANCE
7. COOL FOOL
8. NO THRILL
9. BIG-S
10. OUT

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

世間一般に”名盤”と呼ばれている作品を聴く場合、
気合いが入るというか少し先入観が入るのは否めない。

そして期待しすぎたせいで、
逆に「あれ?」と思ってしまう事もあるのだ。

このフリクションの『軋轢』は
俺にとってはそんな作品の一つ。
前評判が仇となったか、微妙な感想に終わった一枚だ。


坂本龍一プロデュース、
レックによるアメリカ仕込みのクールなロックサウンド、
良く言う「ハード」とはまた違う、
本当に硬派なロックアルバムというのは間違いない。

しかし、どうも響かない…。
1980年当時の人はこの作品にかなり強力な気迫を感じたようだが、
俺はそれを感じ取る事が出来なかった。

クールだ、これはとってもクールだ、
クールで硬派でハードボイルドだ。
間違っても彼ら絶対にベビースターラーメンとか食ってそうにない。
指をキツネの形にして少しずつつまんで食ったりするわけがない。
そんな方々が奏でるミュージックだ。

それはとても良く分かるんだが、
世代のせいもあるのか魅力を感じる事が出来なかった。
確かに俺ハードボイルドってちょっと苦手だしな。
確かに俺ベビースタースターラーメン好きだしな。

パッションが伝わらなかったのだ。
かなぐり捨てた感情や抑えきれない個性というものが。
「そりゃお前が子供だからだ!」とか言われれば…
うんまぁ否定は出来ないけどさ。ベビースターうめぇ。


そして坂本龍一が一体どのように作用しているのか。

正直その部分が正確にどこかは良く分からんかったのだが、
アルバム全体を通して無機的というか構造的というか
スケールがコンパクトにまとまってしまっている。
実はそれこそが坂本龍一のせいとか思ったりする。

勿論そこがこの作品の良さでもあるのだけど、
個性が変に抑圧されてたりしないか?
そのせいでベビースターな俺には届かなかったのではないか?

名盤と言われている割には
パンチ力に欠けると思った原因はそこにあるのかもしれん。
洗練されたサウンドも心地は良いが、
このアルバムに対してプラスの効果となったと言えるのか。

フリクションの他作品を聴いた事が無いので、
坂本教授の効果を比べようがないけれど、
ここは坂本教授のせいにして今日も駄菓子を頬張る事にしよう。
ブタメンうめぇ。


【採点】
・クールなロック  20点
・ハードボイルド  20点
・ニューヨーク帰り 20点
ベビースターはお呼びじゃない
          -5点
55点

広告を非表示にする