読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】パスピエ / 娑婆ラバ [2015]

娑婆ラバタッチヘンシーン!

娑婆ラバ(通常盤) 娑婆ラバ(通常盤)
パスピエ

曲名リスト
1. 手加減の無い未来
2. 裏の裏
3. アンサー
4. 蜘蛛の糸
5. 術中ハック
6. 贅沢ないいわけ
7. 花
8. ハレとケ
9. つくり囃子
10. ギブとテイク
11. トキノワ
12. 素顔

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

勢いのあるアーティストって
やっぱり作品のリリース間隔が早い。

武道館公演も決まったパスピエさん。
1年ちょっとで新作フルアルバムだ。
嬉しいっちゃ嬉しいけどこちらの財布の事情も考えて欲しい。


昨年の『幕の内ISM』が非常に良かったので、
自然と今回のアルバムも期待しちゃうところだ。


そして期待を裏切らない出来栄え!

個人的には『幕の内ISM』程では無いけど、
彼ららしさが今回も良く出ている。

アニメ「境界のRINNE」のテーマになった
『トキノワ』『裏の裏』はアニメで先に聴いており、
曲単体では割とフツーだなぁと思っていたこの2曲も…

アルバムの中で聴くとあら不思議!
イイ感じにパスピエワールドに組み込まれている。

1曲目『手加減の無い未来』から
2曲目『裏の裏』の流れは特に好きだ。
じわじわ始まりテンションが上がっていく。


全体的に以前より落ち着いて聴き易い、
でもときどきハネているといった作品かね。
楽曲のカラフルさと引き出しの多さはさすがだ。
アルバムとして聴きたくなるのはグッド。


今回も言葉遊びを感じる曲が色々あるんだけれども、
アルバムの核でありPVにもなった『つくり囃子』が面白い!

昨今流行りの妖怪ブームに寄せてきたのか知らんが、
妖怪チックで古典的な単語で韻を踏むという、
よくもまぁこんな楽しげな曲が出来るもんだ。
プロモの怪しげな感じも楽しい。


また毎度の事ながら
ジャケットや歌詞カードが凝っており、
花札をモチーフにした作りは実にユニークである。

こういった面白いアイディアとこだわりがあれば、
CDという媒体もまだまだ道があるかなと思える。

ちなみに初回限定版買ったので
風呂敷がついてきてたんだけど用途に悩み中だ。
みんなパスピエのライブでこれ被ったりするのか?


【採点】
・勢い十分!    35点
パスピエワールド 30点
・色々楽しめるCD  20点
・風呂敷汚しそう… -1点
84点

広告を非表示にする