脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】HOLSTEIN / Gently, the rain sings for me [2003]

突然の雨にうたわれて。

 

俺と同世代のハードコアファンならきっと分かるハズだ!

火曜サスペンス劇場のテーマが流れると、
この曲のイントロを思い出してしまうこの悲しき性を


当時活況だったインディーズシーンを思い出すなぁ。
もう解散してしまったバンドHOLSTEINの、
デビューアルバム1発目の曲である。


まさに若手バンド戦国時代とも言えたあの頃は
バンドのコンピレーションCDも大量にリリースされていて、
コンピの中でどのバンドの曲が人気になるのか、
皆しのぎを削っていた時代だったんだ。

俺も当時はそんなコンピを色々聴き漁っていたんだれども、
このHOLSTEINの『Gently, the rain sings for me』は
その中で出会った曲の中でも一際目立っていた印象がある。

ガンガンにエッジの効いたサウンドと
緩急つきまくりで緊張感が張り詰めた展開は
息もつかせぬという言葉がピッタリ。

というかもう息すらさせてくれません。
やめてやめて窒息死しちゃう。
曲聴いて窒息死とかなったら残された家族絶対恥ずかしいやん
この曲の間を耐えれる肺活量まで鍛えなくちゃ。

そんなまさに火曜サスペンス劇場的な
不可解な死因で死にかねない怒涛のハードコアロックだ。

英語で歌うってスタイルも、
青春パンクとは違う路線のこの頃のバンドの一つの特徴やね。

でも個人的には日本語でも良かったのではとか考える曲でもある。
激情を日本語に乗せて歌うのもそれはそれでカッコイイぞ。

そうするとタイトルは

「突然、雨が私に唄う。」

なんかいい感じの文学作品の冒頭みたいでステキやん。


【採点】
・緊張感抜群!   30点
・窒息死で火サス! 30点
・コンピで目立つ! 15点
・日本語でもおk   2点
77点

HOLSTEIN anthology HOLSTEIN anthology
HOLSTEIN

曲名リスト
1. Gently,the rain sings for me
2. the urban air
3. funeral march
4. the end of the universe
5. Vapor Trails & Powder Snow
6. BONDS
7. Distant Vistas
8. teleology
9. December
10. eschatology
11. Motive
12. lifetime
13. Letter(in the buried capsule)
14. farewell to our memories

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする