読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】the brilliant green / そのスピードで [1999]

何事も程々にね。

 

 ブリグリファンって人が俺の周りにはいなかった。
ボーカルの川瀬智子の名前すら通じない事もあった。
川瀬智子はこんなにもカワイイのにワーイジャパニーズピーポー!?

俺がブリグリ川瀬智子の魅力を熱弁すればするほど、
「なんかキモイ男」という悲しきレッテルを貼られてしまい、
そしてキモイ男という点に関して言えばまあその通りなので
言い返せずにいたのはきっと周りに理解者がいなかったから。


そんな通称川瀬トモクォさんが
今宵ハロウィンスペシャルアルバムを発売するという事で、
ブリグリの『そのスピードで』が本日のネタで御座居ます。


川瀬智子のボーカルは感情的ではないため、
歌詞の情景がイマイチ伝わりにくい。
だから川瀬の歌詞はただ聴くだけじゃあまり入ってこない。

でも彼女の書く歌詞は実はなかなか個性的で、
初期の頃から微妙に変わってはいるものの、
その川瀬ワールドのファンとう人も結構いるんじゃないか。


かくいう私もその一人でね。

『そのスピードで』の空中遊泳しているような歌詞は
非常に川瀬智子らしいというか真骨頂だと思う。

空中遊泳とは言ったもののそこまで壮大なわけではなく、
ちょっとミニマルなスケールのデカさなのがポイントだ。

「どこまでも誰よりも早く」みたいな歌詞とは違い
「そのスピードで」という調節を感じる言い回しが、
マイペースさを醸し出しているのだ。


そして孤独で不器用な自分自身とキラキラした世界の対比。
ありがちなテーマだけどワードのチョイスが絶妙で、
キュートで憎めない自暴自棄さが伝わってくる。

この歌の主人公が仮にニートだったとしても、
こんな可愛らしい感じで描かれたりしようものなら
きっと愛おしくなるに違いない!

この辺りの感じは
ソロ活動であるトミーヘブンリーの世界観にも似ていて、
まさに川瀬智子の得意分野なり。

そしてくっきりしたバンドサウンドとメロディーも魅力的で、
サビの何かを放り出すような浮遊感も実に可愛らしい。
曲全体の明るさが適度に保たれていて見事だ。


お分かりいただけただろうか?
ブリグリ川瀬智子はこんなにも魅力的なのだ。
分かったなら「なんかキモイ男」から
そこまでキモくはない男」くらいに格上げしてくれ。


【採点】
・適度なスケールの歌詞 30点
・適度に明るい曲調   30点
・トモクォかわいいよトモクォ
            20点
・少しだけ男を上げた   1点
81点

the brilliant green complete single collection’97-’08(初回生産限定盤)(DVD付) the brilliant green complete single collection’97-’08(初回生産限定盤)(DVD付)
the brilliant green

曲名リスト
1. Bye Bye Mr.Mug
2. goodbye and good luck
3. There will be love there ~愛のある場所~
4. 冷たい花
5. そのスピードで
6. 長いため息のように
7. 愛の□愛の星
8. CALL MY NAME
9. BYE!MY BOY!
10. Hello Another Way -それぞれの場所-
11. angel song -イヴの鐘-
12. Forever to me ~終わりなき悲しみ~
13. Rainy days never stays
14. I’M SO SORRY BABY
15. Stand by me
16. Enemy
17. Ash Like Snow

1. There will be love there ~愛のある場所~
2. 冷たい花
3. そのスピードで
4. 長いため息のように
5. 愛の□愛の星
6. CALL MY NAME
7. BYE!MY BOY!
8. Hello Another Way -それぞれの場所-
9. angel song -イヴの鐘-
10. Forever to me ~終わりなき悲しみ~
11. Rainy days never stays
12. I'M SO SORRY BABY
13. Stand by me
14. Enemy
15. Ash Like Snow

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする