読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】NUMBER GIRL / EIGHT BEATER [1999]

まさかの紅白出演。

 

2015年の紅白歌合戦の中で
一部の人間を驚かせたのは何と言っても向井秀徳の登場だ!

椎名林檎の『長く短い祭』の冒頭でいきなり登場して
「繰り返される諸行無常 よみがへる性的衝動~」のフレーズを放ち
ほんの30秒足らずでその後はどこかへと消えていった。

そんな僅かなパフォーマンスにも関わらず
ツイッターでもホットワードとして「向井秀徳」が急上昇し、
「まさか紅白に向井秀徳が出演する日がくるとは!」と
その根強いファンの存在を印象付けていた。


90年代一世を風靡したJ-POPへのカウンターとも言うべき
衝動的なオルタナティブロックでシーンに登場し、
カルト的人気を博したバンド、ナンバーガール
そのボーカル&ギターだったのが向井秀徳で、
ナンバーガール解散後もZAZEN BOYSやKIMONOSで活動中だ。

そんなどちらかというとアングラな世界で人気だった彼が
まさかナンバーガールの『Sentimental Girl's Violet Joke』を奏でながら
紅白のステージに登場する日が来るとは!驚かずにはいられまい!


椎名林檎譲と向井秀徳
2015年のシングル『神様、仏様』で共演していたものの
紅白での演目は『長く短い祭』だったので本来は向井さんの出番は無いところ、
うまくねじ込んでくれたおかげで向井さんの姿を拝む事が出来た。やったね!


「繰り返される諸行無常 よみがへる性的衝動」というフレーズだが
これは昔から向井秀徳が好んで使用する決まり文句のようなものであり、
色々な曲の中に登場する。さかなクンで言うところの「ぎょぎょー!」だ。

このフレーズが最初に登場したのが今回の曲、
ナンバーガールの『EIGHT BEATER』だと思われる。

他のナンバガの曲同様に、
衝動的で何と言っているのかは良く聴きとれないわけだが、
上記の部分はしっかりと聴きとれる。

聴こえないという方は耳を澄まして頑張って聴いてみよう。
向井のファンは皆このフレーズに反応するように訓練されている。
スピードラーニングする暇があればナンバガリスニングしてる奴らだ。


しかしまあ年末のお茶の間に
「繰り返される諸行無常 よみがへる性的衝動」が響き渡るとは…
一部のロックファンにとっては熱狂的な紅白だったのではないだろうか。


【採点】
・繰り返される諸行無常  20点
・よみがへる性的衝動   20点
・まさかの向井秀徳登場  20点
ツイッターでファン熱狂  5点
65点

School Girl Distortional Addict 15th Anniversary Edition School Girl Distortional Addict 15th Anniversary Edition
NUMBER GIRL

曲名リスト
1. タッチ
2. PIXIE DU
3. 裸足の季節
4. YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING
5. 桜のダンス
6. 日常に生きる少女
7. 狂って候
8. 透明少女
9. 転校生
10. EIGHT BEATER

1. タッチ
2. PIXIE DU
3. 裸足の季節
4. YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING
5. 桜のダンス
6. 日常に生きる少女
7. 狂って候
8. 透明少女
9. 転校生
10. EIGHT BEATER

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする