脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

AKB48のベストは何故売れなかったのか。

姉さん、事件です。

 

マガジンで連載されていた『AKB49』という漫画が最近完結した。

これはかなり面白い漫画だった。AKB関係なしに普通に面白いので、
AKBという名前だけで嫌って読んだ事ない人は勿体ない。
「い、妹が欲しいっていうからなーまったく」などど呟きながら、
単行本をレジまで持っていけばいいさ。


それはさておき、これは結構事件だ。
今後の業界を占う事態だと言っても差し支えないレベル。

AKBのベストが売れていない!

あの天下のAKB様のベストアルバムが売れていないんだぞ!
これはどういう事なのか考えずにはいられまい。


2015年の11月にAKB48活動10周年の記念として
満を持して発売されたオールタイムベストアルバム。
なんのかんの言われても国民的な認知度が高いグループのベストだ。
当然ながら業界的な期待は大きかっただろうと推察される。

しかしなんと、コレが売れていないんだな~。
いやマジで関係者も意外な結果に悩んでいる事だろう。
俺もちょっと悩んでいる。
バカ売れして中古で安くなったら買ってもいいかもとか思ってたもん。

まあ実際100万枚近くは売れてるのでこの枚数で売れていないとか言ったら、
世の中の99.9%のアーティストは売れていないという事になるが…。


じゃあ何がどう売れていないのかというと、
AKBの通常のオリジナルアルバムより売れていないのだ。

ベストと同じく2015年に発売された「ここがロドスだ~」を始め、
実はどのオリジナルアルバムよりも今回のベストが売れていないという事態。

通常はベスト盤と言えばレコード会社にとっては重宝したい存在だ。
金と時間かけて新曲を作らなくても過去の曲を並べるだけでヒットが期待できる。
買う方もベストはお得だし俺もベストだけ持ってるというアーティストは多い。
実際2015年はドリカムのベストも大ヒットを記録した。
ベスト盤が未だに自身の最大の売り上げだというアーティストもかなりいる。


ちなみに今回のAKB48のベストはいくつかのバージョンがある。
全てのシングルを網羅したバージョン、
1位を獲得した曲を収録したバージョン、
ミリオンヒットを記録した曲を収録したバージョン。

どれも内容だけ聴くと非常に豪華で売れそうな匂いがする。
AKBへの思い入れ具合で買うバージョンも選べるランナップだしね。
でもこんだけ並べてもオリジナルより売れてないのだ。


正直俺もオリジナルよりも売れないとはさすがに予想していなかった。
というわけで自省を込めて理由をいくつか分析してみる。
なんだろう、ちょっとした反省文書いてる気分だな。
まあ思い当たる理由は色々あるにはあるので挙げていこう。


①あまり広告されていなかった
振り返れば、あのAKBの10年分のベストなのにも関わらず
そこまでプッシュされていたような気がしない。
発売されている事自体知らなかった人も多そうだ。
もともとAKBはアルバムよりも単曲勝負なところが多く、
シングルには力を入れるがアルバムは売り込まないっぽい。


②ファンはベストを買う必要ない。

これはどんなアーティストのファンにも結構あるあるなのだが、
ベスト盤に収録されている曲は全てCDで所持している。
故にベストを買う理由が無い。レアトラックや特典等が入ってたとしても、
そのためだけに数千円払うのはやはり気が引ける。
特にAKBのファンは握手券・投票券付きのシングルに投資したいので、
数千円あるなら特典が生写真程度のアルバムよりそちらに備えているのでは。


③若い人はベスト盤に価値を見いだせない
ベスト盤が売れる理由はお得感があるからだ。
「この一枚にあの曲もこの曲も入ってる!おっトク~!」という
主婦的発想が音楽のみならずこれまでの日本の消費を支えてきたわけだ。
しかしどうだろう、デジタル化による曲のばら売り配信に加えて
定額音楽聴き放題サービスも駆使する若者が当たり前の時代だ。
若者はみんな自分で勝手にベストな組み合わせでプレイリストを作れる。
彼らは「ベスト盤なんてただのプレイリストでしょ?」という価値観だ。


急に飽きた
神の見えざる手みたいな謎の力が作用してなんだか急激に冷めた。
スターウォーズのオーダー66のようにいきなりファンが豹変したとか。
そういえば、たかみなが卒業記念のセンターである最新シングルは
久々に初動が100万割れたらしい。たかみな残念。俺は好きだぜたかみな。


⑤ジャケットがダサい
メンバーが人形みたいに並んでいるジャケット。
スマブラに出てくるおまけコレクション要素みたいだ。
なんかパッとしない。お前も蝋人形にしてやろうか。


⑥金が無い

とにかくアイドルの応援には金がかかる。
そりゃベスト盤も欲しいけど金がなかった。
過去のシングル売っても金にならんし。


⑦買いに行く服が無い
ちょうど季節の変わり目だったため買いに行く服が無かった。
だからまずその服を買いに行かねばならんのだが、
その服を買いに行く服も無い。どうしようもない。


ラブライバーになった
もう三次元はコリゴリだ…俺は二次元に走るっ!
絵里ちゃんカワイイ!絵里ちゃん最高!えりちー!
かしこいかわいいエリーチカ!KKE!KKE!
しかしファイナルラブライブのチケット高騰しすぎじゃボケェェェェ!


とまぁ、こんなところだろうか。
実際にはこれらの要素が複合的に絡み合って、
今回のような結果になってしまっていると思われる。
特にエリーチカはヤバい。ハラショー!

しかし後から考察するのは容易いものだが予見するのは難しい。
事前に事態を予想できるくらいならとっくに俺は競馬場に行ってる。
やはり蓋を開けてみないと分からない事って多いものなのね。

でももし時間を巻き戻せるなら
「AKBのベストだぜ!?200万くらいいくっしょ!」とか
知人に豪語していた自分にパイ投げしに出かけたい…。


ちなみにDVDには「エア握手会2015」なるものが収録されているらしい。
これで握手会にいった気分に浸ったり、握手の予行演習が出来るのか。
一体どんな代物なのか中身が気になるところである。

0と1の間 [Complete Singles]【数量限定盤】 0と1の間 [Complete Singles]【数量限定盤】
AKB48

曲名リスト
1. 桜の花びらたち (2015 BEST ver.)
2. スカート、ひらり (2015 BEST ver.)
3. 会いたかった
4. 制服が邪魔をする
5. 軽蔑していた愛情
6. BINGO!
7. 僕の太陽
8. 夕陽を見ているか?
9. ロマンス、イラネ
10. 桜の花びらたち2008
11. Baby!Baby!Baby!
12. 大声ダイヤモンド
13. 10年桜
14. 涙サプライズ!
15. 言い訳Maybe

1. RIVER
2. 桜の栞
3. ポニーテールとシュシュ
4. ヘビーローテーション
5. Beginner
6. チャンスの順番
7. 桜の木になろう
8. Everyday、カチューシャ
9. フライングゲット
10. 風は吹いている
11. 上からマリコ
12. GIVE ME FIVE!
13. 真夏のSounds good!
14. ギンガムチェック
15. UZA
16. 永遠プレッシャー

1. So long!
2. さよならクロール
3. 恋するフォーチュンクッキー
4. ハート・エレキ
5. 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
6. 前しか向かねえ
7. ラブラドール・レトリバー
8. 心のプラカード
9. 希望的リフレイン
10. Green Flash
11. 僕たちは戦わない
12. ハロウィン・ナイト
13. クリスマスイブに泣かないように
14. 始まりの雪
15. ロザリオ

1. AKB48グループメンバー エア握手会2015
2. DECADE ~AKB48 10年の軌跡~

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする