脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】五五七二三二〇 / ポンパラ ペコルナ パピヨッタ [2015]

ココナッツサブレ50年目の狂気。

 

かねてから…というか最初から
こいつらエビ中じゃね?」と噂になっていた8人組バンド
五五七二三二〇(ココナッツサブレ)。実際エビ中だったが。
バレるの早かったよ!それも見越してのプロデュースだろうけど。


しかしまぁ最初に彼女らのMVを観たときは
「その手があったか!」と思わせられた。
ギター5人とドラム3人という編成である。

そもそも楽曲が学芸会並みという事を売りにしてきた
エビ中こと私立恵比寿中学である。
多分バンドの演奏だって半人前にすら及んでいないだろう。

しかしそれを大人数で分担する事でなんとか形にするのだ。
演奏パートを細分化すればなんとかなる。これはもう数の暴力だ。
しかし実際、我々の耳に届くのは鳴らされている音なわけで、
それがどれくらいの人数で演奏されていようが問題はない。


そんな数の暴力アイドルバンド、五五七二三二〇だが
あのココナッツサブレ50周年を記念したプロジェクトだそうだ。
つーかココナッツサブレってもう50周年だったのか。
言われてみればパッケージのフォントも確かに古い。

しかもココナッツサブレはこの50年間変化していないらしい。
50年前の時点ですでに完成された味だったわけだ。すげぇ。
ビートルズ来日前から今日まで変わっていないんだぜ。やべぇ。


そしてココナッツサブレはあの日清食品の製品だ。
日清と言えばいつもインパクトのあるCMを仕掛けてくるので、
俺は日清の広報担当はすげー優秀だと日頃から思っていた。

そしたらこんなバンドで仕掛けてくるとは!
正直なところ曲にはサブレ要素が全く感じられないのだが、
そんな自由さも好きだ。いいぞ、もっとやれ。


そんな五五七二三二〇の2ndシングルのこの曲だが、
なんと作曲があの菅野よう子だ。おいおいマジか。
菅野さんホイホイと安請け合いしたんじゃなかろうか。
ココナッツサブレ1年分とかで手を打たれたのか。

しかも曲がまたなかなかにマニアックだ。
組曲のような変則的な構成で狂気を感じる。
歌詞もかなりの意味不明っぷり。
パッと聴いて感じた世界観は戸川純だ。
そしてMVはQueenを意識したような箇所がちょこちょこ見られる。

こんな凝った曲をアイドルがやるんだから凄い時代だ。
ちなみに公式サイトではメンバの個人情報については非公開だ。
もうバレバレなのだが公式には非公開だ。
さすがココナッツサブレだ。いつまでも頑なに曲げない精神である。


今年51周年目に突入したココナッツサブレがお送りする、
恐るべきプロジェクトのキャンペーンソング。

ココナッツサブレ最近食ってねぇし久々に食べるか。
ああ、俺も見事に日清の術中にはまっている。


【採点】
・数の暴力的バンド  30点
・まさかの菅野よう子 20点
・バレバレの非公開  20点
・また日清に負けた  -1点
69点

スーパーヒーロー(初回生産限定盤A) スーパーヒーロー(初回生産限定盤A)
私立恵比寿中学

曲名リスト
1. スーパーヒーロー
2. ポンパラ ペコルナ パピヨッタ
3. スーパーヒーロー (Less Vocal)
4. ポンパラ ペコルナ パピヨッタ (Less Vocal)

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする