読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

高樹千佳子ヤバイ。

ガチの音楽好きには敵わない。

タイトル通りだ。

高樹千佳子の晴れに歌えば
4087804380

フリーアナウンサー高樹千佳子ヤバイ。
俺は彼女のヤバさを知ってしまった。

 

⇒高樹千佳子アナが第1子妊娠「小さな命に喜びと感動」 - エキサイトニュース

発端はこのニュースだ。

いや、このニュース自体は別にいいんだ。
というかむしろおめでとうチカちゃん。
めざましTVでお天気キャスターやってた頃が懐かしいよね。

学生時代は高樹千佳子の「傘はどっチカ?」コーナー楽しみだったよ。
そういや友人がチカちゃんを「(矢田亜希子保田圭)÷2」と形容してたな。
今思えば奴は天才数学者になれたのではないかと思う。


そんなチカちゃんはブログで妊娠を報告したそうだが、
このブログがヤバかった。


…ガチの洋楽オタクだった。

それはもうホントにガチの。
俺みたいな上辺だけの洋楽野郎なんか、
ガチな彼女の前ではもうフルーチェ並みのヤワさだよ。


スゲーよチカちゃん。邦楽も好きみたいだが洋楽に関してはかなり熱い。
「傘はどっチカ?」とか毎朝にこやかに笑っていながら心の中ではきっと
「う~ん、この後帰り寄るならレコファンディスクユニオンどっチカ?」
とか考えたんだろうよ。お天気とか実はどーでも良くて、
ただ湿度でレコードの状態が悪くならないかだけ気にしてたんだろうよ。


そんな彼女がいかに凄いか。
昨年の彼女のベストアルバムランキングがコチラだ。


⇒年間ベストアルバム2015(洋楽)|『ちーたか』


分からん人にはまるで分からんだろうが、マジで詳しいで彼女。
フルーチェな俺はこのリストの半分も聴いちゃいない。
知らないアルバムもかなりある。チカちゃん恐ろしや…。

大体ディアンジェロのアナログ買ってるとか本気過ぎる。
50歳前後のおっさんレコードコレクターかよ。
お天気お姉さんとのギャップが高低差あり過ぎて耳キーンなるわ。


実際、己のセンスを見せつけ合う音楽ファンの中において
洋楽マニアってのは確実にヒエラルキーが高い存在である。
音楽の優劣なんてそんな簡単につけられるものでは無いが、
しかしそれでも洋楽マニアは一目置かれるのが世の常だ。

俺らが「9mm parabellum bullet!」「凛として時雨!」とか
ギャーギャー騒いでる中に横で「Uhh…Animal Collective.」と呟いて
通り過ぎる洋楽好きの高みの見物が憎い。あの感じが憎いんだ。

ガチの洋楽好きに音楽の話題で対等に渡り合うのは相当難しいのである。
というか負ける。そこに勝敗があるのか知らんが確実に何かで負ける。
とにかく俺らでは到底辿り着けない何かを奴らは掴んでるのだ。

だからチカちゃんの前では俺は己の無力さに崩れ落ち、
お天気お姉さんに抱いていた幻想と共に自尊心を粉々に砕かれるのだ。
後はもう「ドラえもんの道具どっちが多く言えるか勝負」とかで、
何とか勝ち星を挙げて自分のアイデンティティーを保つしかない。
もしその勝負でも負けたりしたら俺は前頭葉から緩やかに壊死が始まる。


とか言いつつ、俺が気に入ったアルバムもいくつかランクインしており、
なんだかんだで勝手に共感する。聴いてない作品はいつか聴いてみようかな。
特にテーム・インパラは俺も昨年知ってからアルバム全部買い揃えた。
他にもミューズやコートニーバーネット辺りもかなり好きだった。


そういやテームインパラは今度来日公演するらしいけど行くのかな?
でもさすがにお腹が大きくなるからキツイか…。
それともお腹の赤ちゃんに胎教がてらオージーサイケ聴かせる??

どんなお子さんになるのだろう。将来有望である。
元気でロックなベイベーを産んでくださいな!


とりあえず最近、俺の娘には
ツェッペリンの『Stairway to Heaven』聴かせていた。
1歳のうちから天国への階段を意識させてみようと思って。

次はそろそろ鬼束ちひろの『月光』かな。

広告を非表示にする