脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】3776 / 3776を聴かない理由があるとすれば [2015]


聴かない理由はだいたい一つ。

3776を聴かない理由があるとすれば 3776を聴かない理由があるとすれば
3776

曲名リスト
1.[Introduction]
2.登らない理由があるとすれば
3.[IntervalA]
4.水でできている
5.[IntervalB]
6.洞窟探検
7.避難計画と防災グッズ
8.日本全国どこでも富士山
9.[IntervalC]
10.春がきた
11.湧玉池便り
12.生徒の本業
13.[IntervalD]
14.旅ふぉとセレクション
15.[IntervalE]
16.八合目にゃまだ早い
17.[IntervalF]
18.春は巡る
19.3.11
20.[Ending]
Amazonで詳しく見る by G-Tools

アイドルソングやアニメソングというのは、
正確には音楽ジャンルとは言えないよね。

確かに「アイドルソングっぽい曲」「アニメソングっぽい曲」
というものは存在するが、ロックやジャズといった分類では無いし。

だから換言すればなんでもアリなのがアイドルソングやアニソンなのだ。
突然ラップやレゲエをやったり、クラシックやアンビエントやってもいい。
実に柔軟で型にハマらない音楽を出来るのが強みなのである。

そんなわけで一口にアイドルソングと言っても、
実は非常に多岐に渡るのである。そしてアイドル好きの中にも、
楽曲派」と呼ばれる音楽的に面白いアイドルを応援しているという
なかなかに通な方々も存在するわけだ。


そんな楽曲派の方々から昨年熱い視線を浴びたのがこちらだ。
「3776(みななろ)」の1stアルバム『3776を聴かない理由があるとすれば』。
3776、そう富士山の標高である。富士山のご当地アイドルである。
しかしご当地アイドルでありながら地元のファンが殆どいないらしい。
おいおい世界遺産のアイドルだぞ。もっと注目してくれよ。


そんななかなかに不憫な扱いを受けてるらしいアイドルだが、
まぁ理由は分からんでもない。

まずこの3776、アイドルユニットといいつつ実質的なメンバーはただ1人。
井出ちよのちゃん(15歳)だけである。プロデューサーは別にいるが。

アイドルと言えば色々な個性の人間が複数人でパフォーマンスする事で、
より多くの人間の好みをカバーできるようになっている事がポイントだ。

AKBグループなんかまさに数の暴力だ。
あんだけ人間がいれば応援したくなる子が一人や二人はいるものだ。
実に良く出来たシステムである。

そう考えるとこの3776は井出ちよのちゃんオンリーなわけで、
彼女を推しメンにする他ない。後はプロデューサー推しになるかだ。
ちなみにプロデューサーの石田彰氏はニコニコのボカロPだったそうだ。

推せるメンバーが少ないとなれば、いくら曲が好きと言っても
みんながわざわざ足を運んで観に来てくれる可能性は低くなる。


そしてその曲がまたぶっちゃけヘンテコなのだ。
なんというかアイドルの王道からはちょっとズレた曲ばかりで、
ファンが一緒に盛り上がるには少しばかり難易度が高い。

楽曲派に支持されるアイドルという事はそれ即ち、
簡単に歌って踊れるような代物では無いという事だ。
なんだかもどかしいな。この辺りが今後の課題なのか。


しかしそんな実際に観に来てくれるファンは少なくても、
確かにこのアルバムは非常に面白かった。
別に俺は楽曲派では無いし、さっしーの総選挙2連覇を喜んでいる
普通の男の子なわけだが、そんな俺でも楽しめたアルバムだ。

まず、収録時間。
3776にちなんでアルバムのトータル時間が3776秒となっている。
1時間とちょっとという、意外にいい感じの長さだ。
アルバムの中にも秒数をカウントアップしていく箇所が散見される。

そしてアルバムのコンセプトは「富士山登頂」である。
アルバムの要所要所でMCが入っており、
井出ちよのちゃんが富士山登山を案内してくれているという内容だ。

一合目からスタートしてアルバムの最後で十合目、
つまり山頂に到着するという流れになっている。
途中で富士山にまつわる雑学も色々紹介してくれるのでためになる。
ちよのちゃんは実に優秀なガイドさんだ。
しかしちよのちゃん小柄だけど実際に登山した事はあるのかな。

しかし個人的にはラストが意外とあっけなかったかな。
山頂に到着して感動的なフィニッシュかと思えば、
たいした余韻もなく「ふーっ」で終わる。あっさり。
なんかもっとコメントないんかい!

まぁそんなツッコミどころも含め、この富士山登山が気軽に楽しめる
楽曲派一押しアルバム『3776を聴かない理由があるとすれば』。

これを聴かない理由があるとすれば…

そりゃまあ「興味が無いから」だろうね。

つーか聴かない理由って大体それだよね。

 

【採点】

・楽曲派アイドル    25点
・不憫なご当地アイドル 25点
・富士山登頂アルバム  25点
・興味を持って聴いてね  1点
76点

広告を非表示にする