脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】欅坂46 / サイレントマジョリティー [2016]


一回黙って聴いてみろ。

秋元康はスゴイ。
なんだかんだ言われても俺はやはり彼の凄さにため息が出るばかりだ。

乃木坂46の妹分として
当初は「鳥居坂46」の名前で始まったプロジェクトだったが、
何故か「欅坂46」と変更されてスタートした。「けやきざか」と読む。

難しい漢字使いやがって。ちょっとばかり語彙力に目覚めた大学生かよ。
メンバーですらちゃんと書けないんじゃないかな。俺も書けない。
とりあえず鳥居坂も欅坂もどこだよ。東京のどっかだろうけど。

と理系っぽい文句を色々言った上で、
この欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー 』だ。
こいつぁ攻めてるぜ。華々しいアイドルのデビュー曲のタイトルが
サイレントマジョリティー」なんだぜ。地下アイドルみたいだ。


「自分の道を進め」だの「常識に囚われるな」だの「個性を磨け」だの
世の中の自己啓発本や有名人の言葉はまぁだいたいこんな事ばっかで、
正直もうみんな言われ慣れ過ぎて抗体が出来ているんじゃなかろうか。

上記の内容はとても重要な事だ。
しかし現実にはみんな「そんな事言っても」と思って聞き流してしまう。
だから同じことを言うにしても、
その発信方法がモノを言う時代になってきつつあるのだろう。


そんな中で新星アイドルグループが、
大真面目に自己啓発曲を歌う姿には今までにない力強さを感じる。
AKB系列にも乃木坂46にも無かったクールさだ。強力である。

人が溢れた交差点をどこへ行く
似たような服を着て似たような表情で
群れの中に紛れるように歩いてる
誰かと違うことになにを躊躇うのだろう

やや説明臭いがこういったところも秋元の狙いだろう。

歌詞の内容自体は使い古されたものだが、
このストレートなメッセージをロックシンガーではなく
絶賛売り出し中のアイドルユニットが歌う事が面白い。

同じような衣装で同じように踊るアイドルグループが、
この内容を歌うという行為そのものがある意味で矛盾の中にあるのだ。
まるで「太りたくな~い」といいつつパフェ大盛を嬉々として食ってる
スイーツ大好き女子だ。脳味噌まで糖分に侵されて矛盾に気付かない。

一応言っておくが今の話はあくまで例えで悪意は無いぞ。
だから存分にパフェ食ってくれ。そして頼むから太ってくれ
パフェ食っても太らない奴は一回だけ俺に笑顔のままで殴られてくれ。


だがこの曲、振付を観るとその表現している世界が
しっかり歌詞とリンクしている事に気付く。
矛盾を跳ね除け自分の道を突き進もうとする若者の決意が表れている。
 

先行く人が振り返り列を乱すなと
ルールを説くけどその目は死んでいる

この部分はいいね。とても好きだ。
ルールは知っているがそのルールの成り立ちや意義を説明できない、
完全に時代に取り残された古代遺跡化決定おめでとう人間を示している。

真面目な話、これからの時代は量産型のコピー人間程辛い時代になる。
グローバル化だけじゃなくAIが急速に進歩している昨今、
周りを刺激しないように人に合わせながら生きている人間は
そのうちアンデンティティすら保てなくなるだろう。


是非一度「もうこんな言葉聞き飽きた」なんて思わずに、
この曲をしっかりと聴いてみて欲しい。

サイレントマジョリティー」、声なき多数派。
新世代アイドルの第一歩はきっと多くの人間の心に響くハズだ。


【採点】
・漢字の難易度が高め  30点
・矛盾を孕んだアイドル 30点
・時代に取り残されるな 20点
・食っても太らないとか言う奴は俺の視界に入るな
            -1点
79点

サイレントマジョリティー サイレントマジョリティー
欅坂46

曲名リスト
1. サイレントマジョリティ
2. 手を繋いで帰ろうか
3. キミガイナイ
4. サイレントマジョリティー off vocal ver.
5. 手を繋いで帰ろうか off vocal ver.
6. キミガイナイ off vocal ver.

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする