読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】BOOM BOOM SATELLITES / LAY YOUR HANDS ON ME [2016]


有終の美。

今更ながらBOOM BOOM SATELLITESが活動終了した事を知った。

⇒BOOMBOOMSATELLITESが活動終了へ 川島道行の病状理由に | ORICON STYLE

メンバーの川島道行の脳腫瘍による後遺症が原因だそうだ。
良く聞く名前だったが実は20年近く活動していたのか。

もう一人のメンバー中野雅之によると
「手足は不自由になってきて車椅子を使う機会も増えました。
 正確な意思の疎通が難しいので、今彼が何を考えて何を思って
 毎日を過ごしているのか、僕でも少し理解しきれない時があります。」
だそうだ。


ぶっちゃけ俺はBOOM BOOM SATELLITESはあまり聴いた事がない。
でもフェスで観たときはロックバンドとは違う存在感があったし、
最近はガンダムユニコーンの『BROKEN MIRROR』も聴いていた。

日本人で初めてAppleiTunes専門のサウンドエンジニアに認定され、
彼らの活躍は国境をも越えていた。先日ニコニコ生放送
最後のメッセージを放送したときはのべ11万人が視聴し、
300通以上のメールが届くほどの反響だったそうだ。

そんな熱心なファンに支えられてきた彼らの最後の作品である。
MVに出演している少女は川島道行の娘だそうだ。
ちなみに嫁は女優の須藤理彩。そういや結婚したとき話題になったな。


俺はブンサテの曲って割と暗めで重厚なイメージがあったんだだけど、
この曲はなんと美しい事か。明るく上向きで希望に満ち溢れている。
出演している娘さんもとても良い表情である。

そして彼らの最後の作品はこの曲だけじゃない。
ラストシングルをCDとして聴くと4曲で1つの流れが構築されている。
ちょっとしたアルバムを聴いているようだ。神秘的で綺麗な響き。
彼らに詳しくない俺でも彼らのラストにふさわしいシングルだと思った。


少し違う話かもしれないが、
昔漫画の『ブラックジャックによろしく』のガン治療編か何かで
「絶望ってもっと暗いと思ってた。でも違った。明るいのよ。
 周りの景色がとても明るく見えるようになるのよ。」
といったセリフがあったのを思い出した。

川島道行が絶望しているとは決して思わないし思いたくないが、
本当に回復困難な状況にある人間にはきっと世界が眩しく見えるのだろう。
そしてそんな状況で生み出された作品はやはり眩しいに違いない。

きっとファンだって暗い作品なんて望んでなかったし、
この曲がブンサテが出した最後の答えだった事に満足していると思う。
きっと難産の作品だったと思われるが、一切そんな暗さを感じさせない。

しかし明るければ明るいほどまた同時に辛い感情が生まれるのも事実。
この曲はもう彼らのストーリーを抜きに聴く事は出来ない曲となった。
ただ俺らはブンサテと川島道行の家族が幸せであって欲しいと願おう。

BOOM BOOM SATELLITESお疲れ様でした。そして有難う御座います。
貴方達が描いた世界はきっとこれからも光輝き続けるでしょう。


【採点】
・美しきラスト     30点
・ブンサテの総括的作品 20点
・暗さなんて感じない  20点
・お疲れ様でした    10点
80点

LAY YOUR HANDS ON ME LAY YOUR HANDS ON ME
ブンブンサテライツ

曲名リスト
1. LAY YOUR HANDS ON ME
2. STARS AND CLOUDS
3. FLARE
4. NARCOSIS

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする