読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】Hi-STANDARD / ANOTHER STARTING LINE [2016]

アーティスト:ハ 邦楽 2010年代 ~59点 Song


あの頃に戻りましょう。

思えば最後にCDショップに足を運んだのはいつだろうか。

基本的に面倒くさがりでものぐさな俺は、
ネットという文明の利器の恩恵を最大限に受けた生活を送っている。

CDはタワレコオンラインかAmazonが送料無料で届けてくれる。
漫画もネット通販で送料無料のところで買う。
その他の日用品や食料品も結構ネット通販を利用している状況だ。


ネット万歳!やっぱ送料無料最強だよね!

こうして俺は実際の店舗で買う事が殆ど無くなっていくのだ。
タワレコや本屋の実店舗も、その近くに用事があった時や
待ち合わせ中に寄る時は多いが、そこで買う事は少なくなっている。

なんだろう、俺はパッションを失ってしまったんだろうか。

10年前、大学生だった時分には音楽に対するワクワクも大きかった。
当時ネット通販なんか待てずに一刻も早く新作を聴きたかった俺は、
目当てのCDのフラゲ発売日には胸を躍らせながらタワレコに行き、
韋駄天のごとき速度で家に帰りCDのパッケージを開封し、
目を輝かせながらCDをプレイヤーのトレイに乗せ再生ボタンを押し、
「新譜ヤバww」と2chに一番乗りで書き込む事を快感としていた。

それが今や「ああん、フラゲ日だぁ?買いに行くの面倒臭ぇ。
通販でも週末には届くだろ。そんな事よりポテチうめぇ。」と
かつての韋駄天は見る影も無く、死んだ目をした堕天使に成り下がった。

悲しいかな、今や「一刻でも早くCDを聴きたい!」と思わせるような、
そんな気持ちにはならなくなった。これが大人って事なのか。
小さい頃ゲームしたくて家に帰りたいあの気分を忘れた感じ。
もうキッズ・アー・オールライトではないアダルトになったんだよ俺。


しかしそんな昔懐かしい気分を再び体験させてくれるのに、
相応しいバンドがいたのだ。そう、ハイスタだよ。
俺らの青春の1ページ、メロコアの元祖的存在のバンドだ。
今でも伝説的バンドとして語り継がれる邦楽ロック史でも重要なバンド。

そんな彼らが先週、まさかの16年ぶりの新作をゲリラリリース!
事前告知は全くなしでいきなりCDショップの店頭に並んだ。
しかも暫くは店舗販売のみで通販、配信なしときた。
ハイスタ聴きたいならCD買いに行くしかない!!

⇒【オリコン】ハイスタ初の首位 16年ぶり新曲で星野源・セカオワ抑える

これがどれだけの事件だったか。
16年前、まだネット通販のインフラもそこまで広がっておらず、
店舗でCDを買うという気持ちが皆にまだあったリスナーが多い時代。
当時キッズだった世代はこのハイスタの仕掛けに涙を流したに違いない。

「え?マジ!?ハイスタ新作出てるの!?」
CDショップで事件を目撃した人の声がSNSを通じて一気に拡散し、
人気急上昇ワードとして俺のタブレットにも情報が入った。
俺は目を疑った。全くの事前情報なし。こんな売り方があったのか。

CDショップ店員や業界関係者もこのサプライズを楽しもうと、
全員ニヤニヤしながら発売当日まで黙っていたに違いない。
そして俺らが驚くのを待ってる。なんて楽しそうなんだちくしょう!


そしてこのCDはハイスタ16年ぶりの新作という事もあって話題を呼び、
ハイスタ初のオリコン1位まで達成してしまった。
未だに彼らの影響力が強い事を思い知ったよ。あっぱれだ。

なんだろう、かつてのあの時代にタイムスリップしたような気分。
皆が話題のCD発売日にショップに行き、お祭り騒ぎで楽しむ姿。
この一連の事件を受けて一気にキッズに戻った人も多いのではないか。

こんな時代だからこそもう一度あの時のように、
CDショップに足を運んでCDを手に取ってレジに並んで胸を躍らせる。
こんな演出が出来たのはハイスタだからだ。
あの頃のキッズの気持ちを一番良く理解しているのは彼らだ。
彼らのお陰で今の音楽業界にもこんなに楽しい風が吹いたんだよ。


そんな時代の歯車を敢えて逆に回したハイスタの新作。

ぶっちゃけ言う。内容は微妙

あれ?ハイスタこんなんやったっけ?みたいな。
かつての粗削りなテキトーさがなんだか綺麗に整ってしまって、
逆にハイスタらしくない。いい感じのラインでハイスタっぽくない。

まぁ16年も経つとこんなもんなんかなー。
16年経てば当時赤ちゃんだった人間も「マジパネェ」連発する歳だ。
タイトルも『ANOTHER STARTING LINE』だし。他のスタートライン。
ちょっと今までのハイスタとは別物って思って聴いた方が良さげ。

ゲリラ販売の演出は良かったけど、
内容は往年のハイスタを期待して聴くと正直ガッカリする。そんな新曲。
まー12月にもまたカバーシングル出るらしいのでそちらも聴こうかな。


あとここまで記事書いておいてなんだが、俺はCD買ってません
ハイスタ好きの会社の後輩に「おい、ハイスタ新作出たらしいぜ!」
「マジっすか!今日買いに行きます!」で次の日貸して貰った。有難う。
いつものごとく家でポテチ食ってる俺の堕天使スタイルは揺るがない。

ちなみに後輩は近所のTSUTAYAに買いに行ったらしいが、
発売日にネットにアップされた画像のような店頭アピールは一切なく、
面出しすらされずに一枚だけ普通にCD棚に陳列されてたらしい。

これが田舎や…。田舎のCDショップ店員なんざこんなもんや…。


【採点】
・まさかのハイスタ新作 30点
・時代に抗うゲリラ販売 30点
・ついにオリコン1位!  1点
・内容は正直微妙…   -2点
59点

ANOTHER STARTING LINE ANOTHER STARTING LINE
Hi-STANDARD

曲名リスト
1. TOUCH YOU
2. ANOTHER STARTING LINE
3. NOTHING TO LOSE
4. RAIN FOREVER

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

広告を非表示にする