読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】フレデリック / フレデリズム [2016]


大事なことなので2度言いました。

フレデリズム(通常盤CD) フレデリズム(通常盤CD)
フレデリック

曲名リスト
1. オンリーワンダー
2. リリリピート
3. レプリカパプリカ
4. KITAKU BEATS
5. サービスナーバス
6. スピカの住み処
7. バジルの宴
8. ナイトステップ
9. POOLSIDE DOG
10. オドループ
11. CYNICALTURE
12. ふしだらフラミンゴ
13. 音楽という名前の服
14. オワラセナイト
15. ハローグッバイ

Amazonで詳しく見る by G-Tools


同じことを何度も言われるといい加減ウンザリしてくる。
だが時と場合によっては何度も繰り返す事で効果を発揮する事もある。

それ、前も同じ事言ったよね?なんで分からないの?

ああ、やめてくれ。やっぱ繰り返さないで。


フレデリックさんのメジャー1stです。
『フレデリズム』の名の通り、彼らのリズムが詰まったアルバムなんです。

最近の邦ロック好きなら彼らの名前は必ずどこかで耳にしているだろう。
やっぱり『オドループ』のプロモが話題になったからかな。
あれいいよね。ああいう女の子の使い方好き。


中毒性が高くまさにリピート必至の踊れるロックが持ち味。
自然と体が揺れるリズムが特徴だがダンスロックとは少し違う気がする。
彼らから匂ってくるのはどこまでも日本の音楽に徹した「踊り」の匂いだ。

ダンスロックが「イェーイ」「ウォーウ」みたいなリア充ロックとしたら、
彼らのロックはそんなリア充に加われず少し離れた位置で見てる感じ。
フレデリックが好きと言う人、残念だが君はリア充じゃない
いつからリア充と錯覚していた?リア充になりたきゃKEYTALK聴いとけ。

『オドループ』を始め同じフレーズを繰り返すループ技を駆使して
じわじわと聴く者の脳みそを洗脳して病みつきにしていく事で、
独特のノリを展開して中毒患者を量産してきたのがフレデリックだ。
「イエーイ」とか「ウォーウ」に頼らない曲で躍らせる技巧派故に、
パーティーチューンを嫌うロキノン筋から支持されている模様である。


でも彼らの奏でるノリの特徴は単なる繰り返しだけではございません。
促音や韻を巧みに操るその言葉遊びもまた重要なんです。

促音部分をうまくメロディにひっかける事でリズムに躍動感が生まれ、
さらにそれを繰り返す事で頭にこびりつくフレーズを叩き出す。
彼らはこれがマジでうまい。1曲目の『オンリーワンダー』とか凄い。
歌詞の中の「っ」を数えたら邦楽随一の多さなんじゃなかろうか。

そして韻を踏む。もうラップかってくらいふんだんに。
だが洋楽を良く聴いてる人ならご存知の通り、
そもそも韻を踏むのはラップのお家芸では無い。

日本ではやたら韻=ラップのイメージが強いが、
あちらさんではロックもポップスも良く韻を踏む。
邦楽ロックでコレをやったところで別になんの違和感も無い。

上記のような要素が絡み合ってとんでもない中毒性が生まれているわけだ。
そして時折いいタイミングで入ってくる「ですます」口調。これもヤバイ
躍らせといてたまに礼儀正しさを見せてくる。こいつ…出来るっ!


そして彼らを語る上でMVは外せない。
『オドループ』もそうだが『オンリーワンダー』『リリリピート』など
中毒性が高いMVを量産。そしてどれも女の子の使い方が抜群に上手い。
この辺はスミス監督の手腕だ。フジファブリックのMV好きは観とけ。


その繰り返しフレーズと促音、韻、さらにはですます口調で
忠実な邦楽ロックの中で躍らせる事に成功したフレデリック。
さらにボーカルとベースが双子な上にギターまで同系統の顔なもんで、
なんだか顔面まで繰り返してるように見えてくるのが恐ろしい。

このメジャー1stはさすがに気合いが入っており、
過去の人気曲も再収録された15曲というフルボリュームのアルバムだ。

でもここまで既発曲入れるんなら『トウメイニンゲン』も入れてくれよ。
あと数曲入っているスローテンポ寄りな曲はやっぱり似合わない。
休憩ソングなんだろうが折角なんだからぶっ通しでオドラセナイト。


フレデリックって名前を聴くけどどんなバンド?
という方への自己紹介的なアルバムとなっている。
ただ既発曲全部知っているファンにはちょっと物足りない感があるな。

しかし、リア充にはなれないけど邦楽ロックで踊りたいという
ニッチなニーズにバッチリ応えたアッパレな一枚だと思うんです。


ちなみに俺の嫁もこの手の音楽好きだろうなと
今までの付き合いの中で培ってきた勘を働かせて聴かせてみたんだが、
「うーん…なんかそこまで好きじゃない。」

あれ…おかしいな。こういうタイプの音楽好きやったやん…?
なんか最近突然変異でもあった?ピコ太郎聴きすぎておかしくなった?

声が微妙…。」

だそうです。すんませんフレデリックさん。
でも曲は面白いって言ってます。嫁もそのうち中毒にしますんで…。


【採点】
・技巧派ダンス邦ロック 30点
・中毒性の高いフレーズ 25点
・話題性の高いMV   25点
・繰り返し怒られる俺  -3点
77点

広告を非表示にする