脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】METAFIVE / METAHALF [2016]


METAFIVEの朝は早い。

【Amazon.co.jp限定】METAHALF(オリジナル缶バッジ付き) 【Amazon.co.jp限定】METAHALF(オリジナル缶バッジ付き)
METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)

曲名リスト
1. Musical Chairs
2. Chemical
3. Egochin
4. Peach Pie
5. Submarine
Amazonで詳しく見る by G-Tools


「超豪華メンバー」。
この響きに我々は何度騙されてきた事か。

まず、才能ある人間が複数集まったとして
それが単純な足し算になるとはやっぱり考えにくい。
それぞれの個性がお互いに潰しあう結果になりかねないしね。
意外と全部一人にやらせた方がセンスが良かったりするもんだ。

だがそれでも超豪華メンバーが集まるという事は、
それだけで何か凄い事が起こりそうだという期待感は自然と高まる。
スマブラみたいなもん。ラーメンも全部乗せがテンション上がるだろ?


今年の頭、自称音楽好き共が狂喜乱舞した夢のユニット
『METAFIVE』がデビューアルバムをリリースした。
メンバーはまぁググって調べてくれ。なんかもうとにかくアレだから。
ちなみに高橋幸宏がボスかと思いきや解散権は砂原が握っているらしい。

このユニットにはもう自己顕示欲を満たしたい音楽通がこぞって群がり、
「METAFIVE知らないのが許されるのは小学生までだよねー」などと
奴らが自らの音楽的知見の高さを誇る材料として活用された事例がある。


しかし彼らの人気は凄い。世間的には全盛期を過ぎたメンバーが殆どだが、
話題はじわじわ広がり今年の夏フェスでも満員御礼の大盛況っぷりを見せ、
むしろもう小学生でも知ってるんじゃないかとか疑い始めてきた俺。

そんな話題沸騰のMETAFIVE、なんと朝の情報番組「スッキリ!」に出演。
何故音楽番組ではなく情報番組に出演したのか、
その辺が良く分からないのでこちら側としてはスッキリしない。


という事で出演したときの様子だが、まーみんなあまり喋らない。
テレビが久しぶりなのか朝に弱いのか照れ隠しなのかダルいのか。
はたまたそれら全部なのか。締まりのないやり取りが続く。加藤頑張れ。
ただテイ・トウワが自由すぎ。幼稚園児かってくらいの自由さ。最高。

しかしそんなスッキリしない会話の後で、皆が演奏に入ると空気が一変。
ビシッと入ってシャキッとしまってクールに決まる。さすがだ。
動画では途中切れてるのが残念だが、それでも伝わる彼らの凄み。


このスッキリで演奏された『Musical Chairs』を含む、
5曲入りミニアルバムがこちら『METAHALF』だ。
半分くらいだからハーフという安直さなのにやたらカッコ良く感じる。

ジャケットも6人中半分の3人しか写っていないかと思いきや、
裏面には残り3人も写っているのでご安心を。
一応表面のセンターは高橋さんか?やや遠巻きだが。

今年の頭に出たフルアルバムの『METAFIVE』に比べると、
曲数は少ないもののこちらの方がどの曲もバリッと際立っていて良い。
5曲通して21分とちょっと、飽きることなく楽しめる。

スッキリで披露された『Musical Chairs』もいいけど、
個人的には2曲目の『Chemical』がカッコよくて好きだ。
ラストの『Submarine』の余韻もいいよね。腹八分目で終わるみたいな。

しかしこれだけの才能が集まると互いに衝突しそうだが、
意外にもそれはないらしい。女子グループの「仲良いですよー」は
200%嘘なのだが、METAFIVEの面子が嘘をついているとは思えない。

まぁ真剣に意見を擦り合わせてるというより、
おのおのが気の向くままのフリースタイルでやってみたら
こんなん出来ちゃいましたよ、みたいなそんな空気は確かにある。

綿密に作りこまれたというよりも皆がナチュラルな感覚を頼りに
伸び伸びとやってる自由な音楽。一人でやるよりも開放的なんだろう。
でも多分テイ・トウワはフリーダムなんだろうなきっと。


しかし2010年代に入ってアングラ、サブカルなジャンルの音楽って
若手も含めてほとんど人気が下火だし最早壊滅状態なのかと思ってたけど、
まさか復活のおじさん達がこうやって再び脚光を浴びる事になるとは。

まぁ何かを始めるのに年齢は関係ないからね。
それがかつて時代を担っていたおじさん達でもなんの問題も無い。
ただ彼らおじさん達は前時代のネームバリューがあるため、
そもそも若手とはスタートラインで大分差がついてるのも事実。

しかし若手だって、
こんなおっさん達がこんなカッコイイ音楽をやってるのを聴けば
負けてはいられないと思うだろう。そういった意味でも、
このいぶし銀ドリームユニットが刺激を与えるきっかけになって欲しいな。

ちなみに先日のスッキリには、
あの80年代英国ロックスターのスティングが出演したらしいぞ。スゲエ。
スッキリマジでどうした。加藤とテリーでグダグダする番組じゃないのか。

何か裏がありそうでスッキリしない。


【採点】
・音楽好きマウンティング用ユニット
            30点
・中学生以上は必聴   30点
・なんかスッキリしない 20点
テイ・トウワ自由すぎ -3点
77点

広告を非表示にする