読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】いきものがかり / ありがとう [2010]


逆説的にロックな存在。


いきものがかりが活動休止するそうだ。
年始からこのニュースにショックを受けた方も多いだろう。
正式には活動休止じゃなくて「放牧宣言」らしい。
動物を世話する側の生き物係が放牧されるとはこれいかに?


今回はいきものがかりがロックなのかどうかという話をしたい。

いきものがかりはバンド形式なので世間的には一応ロックバンドという
認識でも大丈夫だろうけど、”自称”ロック好きからの視線は冷ややかだった。

俺も10年くらい前は2chの邦楽バンドのスレにしょっちゅう張り付いてて、
誰それの新譜をフラゲしただの、ライブのセトリをいち早く書き込むだの、
それはもう典型的なダメ大学生の音楽ライフを謳歌していた。

そんな俺が出没していた2chの邦楽ロックバンド系のスレでは、
いきものがかりというバンドは敬遠される存在だった。
いきものがかりwwwワロスwww全部曲一緒に聴こえるwww」

俺はボーカルの吉岡聖恵ちゃんの愛らしさを訴えたかったんだけど、
まぁ確かにロックと言われれば多分違うよなぁとは思っていた。
皆さんもなんとなく分かるだろう。聖恵ちゃんとカワウソが似てる事に。

しかし「曲が全部同じに聴こえる」という話だが
人間、自分が興味の無い対象だったら皆そう思うもんだろう。
俺はスピッツ好きだけど、「スピッツの曲みんな一緒w」と言われた時は、
心が瀬戸内海くらい広い俺でも電動歯ブラシで耳掃除してやろうかと思った。


だが、いきものがかりがコアなロックファンから煙たがられるのも分かる。
ロック好きは基本的にJ-POPを「売れ線」と言って嫌う傾向がある。
コテコテの歌詞とサビとメロディーを憎む事で存在している連中だ。

そしていきものがかりどこまでもJ-POPだ。
まさに王道のJ-POP。いきものがかりから洋楽っぽさは感じられない。
いきものがかりを聴いて「ニルヴァーナを感じる~」と言う方は
すぐにでも耳鼻科に行かれた方がいい。

このいきものがかりの限りないJ-POP感がロック好きから避けられる理由だ。
一応まだ吉岡聖恵ちゃんがあんなに愛らしいから、
彼女の万有引力で一部のロックファンも繋ぎ止められているのだ。
もし彼女が横澤夏子みたいな見た目をしてたのなら、
ロックファンはもう殆ど残らないだろう。ちなみに俺は横澤夏子は好きだ。



だが、俺はこのJ-POP感こそがむしろいきものがかりが背負ってきた
ある種の使命みたいなものだったのではないかと思っている。

90年代のJ-POPの全盛期が終わり、
今世紀に入ってからは所謂「売れ線ヒット曲」が生まれにくくなった。
皆が好きな音楽のジャンルも細分化していきニッチな音楽が増えた。

そんな2000年代以降の風潮の中で、
あのキラキラしたJ-POPの担い手はどんどん減っていたわけだ。
そんなJ-POPの流れをバンドと言う形式で真正面から受け止めたのが、
いきものがかりだった。言わば彼らは伝統芸能の継承者なんだよ。


いきものがかりのギター、水野氏は非常に優秀なブレーンだと思う。
彼がほぼ全ての曲の作詞作曲を担当しているが、インタビューなどで
彼は自分の作る曲がど真ん中のJ-POPを目指して作っていると話している。
今の時代だからこそ日本人的な音楽を提供していきたいという明確な意思だ。

水野氏は結構音楽関連の記事でちょくちょく目にするけど、
本当に音楽が好きで色々考えて勉強してやっているのが良く分かる。
放牧の後でも彼はしっかりと彼の仕事をこなしてそうだ。
だから俺は逆に他のメンバーの方が心配である。
吉岡聖恵ちゃんは結婚のウワサもあるみたいだけど。


だからいきものがかりはとても日本人的な流れを汲むバンドとして、
その役割を果たしてきたんだと思う。

そして彼らは実に多くの日本的な大衆歌を提供してきた。
この「ありがとう」もそんな曲だろう。
普通はバンドの曲なんて年配の方は殆ど知らないだろうけど、
この曲は本当に日本に広く浸透している。

以前、なかなかに年配の方から
個人的にビデオレターの作成を依頼された事があったんだけど、
その際にこの「ありがとう」が好きだから使って欲しいと言われた。

いきものがかりって本当に幅広い世代から支持されてるんだと思った。
そういや流行に疎い俺の親ですらいきものがかりは知っていたな。

そんなわけでこのいきものがかりの代表曲「ありがとう」、
ぶっちゃけビデオレター作成時に死ぬほど聴いたので聴き飽きているけど、
まぁシンプルにいい曲だと思うよ。聴き飽きたけど。


だが、この曲は実は強力なメッセージ性もあると思う。

日本人は良く「ありがとう」の前に「すみません」を言いたがる。
何かしてあげたらまず「すみません」が返ってくる。
勿論「すみません」に「ありがとう」のニュアンスも含まれるのだろうけど、
やっぱり「すみません」だとどこか少し距離を置いた印象になる。

だからこその「ありがとう」なわけですよ。
J-POPの王道を征くいきものがかりがストレートに「ありがとう」を歌う。
もっとありがとうを伝えようよ。それで距離が縮まっていくんだよ。
日本人に対するメッセージソングだと思いませんか?深読みですか?


いきものがかりはロックだ。
J-POPという火を灯し続け、そして日本人のためのメッセージを歌う。
今の世の中、この王道を貫く姿勢こそが逆説的にロックともと言える。
あと去年ROCK IN JAPANに出演したし。もうロックでええやろ。

そんないきものがかりが活動休止する。
やっぱり彼らがいなくなった邦楽シーンはちょっと寂しいものがある。
あの溌剌とした吉岡聖恵ちゃんの姿に癒される機会が減ると思うと辛い。

でも彼らはきっとまた復活してJ-POPの息を吹き返してくれるに違いない。
その時が来るまで放牧の旅を続けて下さい。
今まで本当に「ありがとう」!


【採点】
・王道J-POP      30点
・逆説的ロック     30点
いきものがかりに「ありがとう」
            20点
・ぶっちゃけ聴き過ぎた -10点
70点

超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~(3CD) 超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~(3CD)
いきものがかり

曲名リスト
1. SAKURA
2. キミがいる
3. 気まぐれロマンティック
4. 茜色の約束
5. あなた
6. キラリ
7. 帰りたくなったよ
8. ふたり
9. コイスルオトメ -激情編-
10. 涙がきえるなら
11. いこう
12. なくもんか
13. 心の花を咲かせよう
14. 地球

1. ありがとう
2. じょいふる
3. ブルーバード
4. いつだって僕らは
5. 翼
6. 歩いていこう
7. YELL
8. GOLDEN GIRL
9. Good Morning
10. Sweet! Sweet! Music!
11. 1 2 3 ~恋がはじまる~
12. 東京
13. 恋詩
14. 熱情のスペクトラム
15. マイステージ
16. 会いにいくよ

1. 風が吹いている
2. 笑ってたいんだ
3. ラブソングはとまらないよ
4. NEW WORLD MUSIC
5. うるわしきひと
6. 夏空グラフィティ
7. KISS KISS BANG BANG
8. 花は桜 君は美し
9. プラネタリウム
10. LIFE
11. ラブとピース!
12. 真夏のエレジー
13. 笑顔
14. 夢題~遠くへ~ -No Fade Out ver.-
15. ぼくらのゆめ

Amazonで詳しく見る by G-Tools


広告を非表示にする