脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

洗脳が止まらない!繰り返される音楽の恐怖。


大事な事なので何回も言います。


大事なことを繰り返すのは大事なことである。
学校の先生にも習っただろ?人間そう簡単に一度で覚える事は出来ない。
重要な事は繰り返し反復する事で身につけていくのだ。

だからこそ人生の先輩方は同じような事を何度も繰り返し言ってくる。
決して前に同じ事を言った記憶を忘れているわけではないぞ。
大事だからこそきっと何度も同じ事を言っているのだ。きっと。

ちなみに俺もこのブログで何度も同じ話題をした事がある気がするが、
それも俺がアホだからではない。きっとそれは重要な事だったんだよ多分。

来月、TM NETWORKが驚異のアルバムを発表すると話題になっている。
あの名曲『Get Wild』が33曲も収録された恐るべきアルバムだ。
当然バージョンは全て異なるのだが、それでもあのゲワイエンタッを
33回も聴かされるというのはかなり異様である。

だが繰り返すという事は単純にそれだけで非常に効果的だったりする。
2,3回くらい同じ話が出ると「またかよ」とうんざりするかもしれないが、
これが6,7回くらい繰り返されてくると次第に脳がやられていき、
10回くらい繰り返されるともう逆に洗脳されてしまい、
最悪それ無しでは生きていけないような体になってしまう事もある。

そこで今日はそんな洗脳を目的とした驚異の同一曲繰り返しCDの特集だ。
昔『LifeTime Respect』ばかりの三木道三のベストがネタで流行ったが、
今回のCDは実際に販売されているガチの繰り返しCDである。

自分の曲に誇りを持つのはいい事だが、
それを惜しげもなく繰り返してくるというのは相当なナルシズムと言える。
収録曲の文字を眺めているだけで既に目がヤバいぞ。
さあ恐ろしき無限ループを始めよう。

狂気の繰り返しCD達。


TM NETWORKGET WILD
GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORK
GET WILD SONG MAFIA
曲名リスト
1. Get Wild
2. Get Wild (“FANKS CRY-MAX” Version) [1987/6/24 日本武道館]
3. GET WILD ’89
4. Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! ’89” Version) [1989/8/30 横浜アリーナ]
5. Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR” Version) [1991/2/22 仙台イズミティ21]
6. Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL” Version) [1992/4/12 横浜アリーナ]
7. Get Wild (techno overdub mix)
8. GET WILD ’89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18” Version) [1994/5/18 東京ドーム]
9. GET WILD DECADE RUN
10. GET WILD (“LIVE EPIC25” Version) [2003/2/23 国立代々木競技場第一体育館]
1. Get Wild (“DOUBLE-DECADE ”NETWORK”” Version) [2004/4/21 横浜アリーナ]
2. Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL ”NETWORK”” Version) [2004/6/24 日本武道館]
3. Get Wild (“REMASTER” Version) [2007/12/3 日本武道館]
4. Get Wild (“Incubation Period” Version) [2012/4/25 日本武道館]
5. Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version) [2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
6. Get Wild 2014
7. Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version) [2014/5/20 東京国際フォーラム]
8. Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version) [2014/12/10 東京国際フォーラム]
1. Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version) [2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]
2. Get Wild 2015 -HUGE DATA-
3. Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version) [2015/3/22 横浜アリーナ]
1. Get Wild
2. Get Wild
3. Get Wild
4. Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL’97 VERSION)
5. Get Wild
6. Get Wild
7. Get Wild
8. Get Wild
9. Get Wild
10. Get Wild
11. Get Wild
12. GET WILD (2017 TK REMIX)
13. GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
14. GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
15. GET WILD (Dave Rodgers Remix)
Amazonで詳しく見る by G-Tools


33曲という恐るべきリピート数。おそらく5,6曲くらいまでなら
「ちょっとやりすぎだからこれくらいにしとこうぜww」
みたいに脳味噌が正常に機能していたんだろうけど、
10曲の大台を超えた辺りでもう脳味噌が馬鹿になったんだろう。
「もうどこまでもいっちゃおうぜ。3の倍数で馬鹿になろうぜ。」
みたいな感じになって結局33曲になったのではないかと思われる。
これぞまさにゲットワイルドだろう?




松崎しげる愛のメモリー
愛のメモリー(発売35周年 アニバーサリーエディション)
松崎しげる
愛のメモリー(発売35周年 アニバーサリーエディション)
曲名リスト
1. 愛のメモリー 2012 ver. (新録音)
2. 愛のメモリー Bossa ver. (新録音)
3. 愛のメモリー アルバム「OLD FASHION LOVE SONG」 【2000.11.29 Release】
4. 愛のメモリー アルバム「My Favorite Songs」 【2005.11.2 Release】
5. 愛のメモリー 2009 アルバム「Yes We Can!!」 【2009.5.27 Release】
6. 愛のメモリー 21 アルバム「OLD FASHION LOVE SONG」 【2000.11.29 Release】
7. 愛のメモリー アルバム「Memories of love」 【1994.11.2 Release】
8. 愛のメモリー シングル「愛と復讐の嵐」 【2007.9.21 Release】
9. 愛のメモリー DVD「Emotional Live」 【2003.11.19 Release】
10. 愛のメモリー アルバム「TIME」 【1988.5.11 Release】
11. 愛のメモリー シングル 【1977.8.10 Release】
12. 愛の微笑 (愛のメモリー原曲) 【1975】
13. 愛のメモリー 2012 ver. インストゥルメンタル
14. 愛のメモリー Bossa ver. インストゥルメンタル 12ver.+2曲カラオケ
Amazonで詳しく見る by G-Tools


松崎しげると言えば愛のメモリー愛のメモリーと言えば松崎しげる
綺麗な必要十分条件が成り立つブラック・ミュージシャンの繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、そんなに松崎しげってない俺にとって
松崎しげるは愛メモのイメージだ。でもいい曲だと思うよ愛メモ。
そんな愛メモを出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
シングル価格なのが良心的である。




織田裕二Love Somebody
Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)
織田裕二
Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)
曲名リスト
1. Love Somebody (CINEMA Version IV) (初CD化)
2. Love Somebody (CINEMA Version III) (初CD化)
3. Love Somebody (CINEMA Version II)
4. Love Somebody (AKIRA’S PALM☆DRIVE REMIX)
5. Love Somebody (CINEMA Version)
6. Love Somebody (Acoustic Version)
7. Love Somebody (DJ Hasebe Remix)
8. Love Somebody (SECRET Version)
9. Love Somebody (ALBUM Version)
10. Love Somebody (Remix)
11. Love Somebody (PIANO Version)
12. Love Somebody
【DVD】
1. Love Somebody (MUSIC VIDEO)
2. Love Somebody (CINEMA Version) (MUSIC VIDEO)
3. Love Somebody (CINEMA Version II) (MUSIC VIDEO)
4. Love Somebody (CINEMA Version IV) (初DVD化) (MUSIC VIDEO)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

織田裕二と言えばLove SomebodyLove Somebodyと言えば織田裕二
綺麗な必要十分条件が成り立つ世界陸上ミュージシャンの繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、そんなにネバってない俺にとって
織田裕二はネバネバのイメージだ。でもいい曲だと思うよネバネバ。
そんなネバネバを出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
シングル価格なのが良心的である。




松平健マツケンサンバII
マツケンサンバII リミックストラックス (リミックスCD)(DVD付)
松平健
マツケンサンバII リミックストラックス (リミックスCD)(DVD付)
曲名リスト
1. マツケンサンバII (マツケン・ジャズ)
2. マツケンサンバII (Goldboxfish Paradise)
3. マツケンサンバII (Jazztronik mix)
4. マツケンサンバII (READYMADE SHOGUN MIX2004)
5. マツケンサンバII (叩けボンゴVersion)
6. マツケンサンバII (MATSUKEN CARNIVAL MIX)
7. マツケンサンバII (マツケン・ジャズ) (Instrumental)
8. マツケンサンバII (Goldboxfish Paradise) (Instrumental)
9. マツケンサンバII (Jazztronik mix) (Instrumental)
10. マツケンサンバII (READYMADE SHOGUN MIX2004) (Instrumental)
11. マツケンサンバII (叩けボンゴVersion) (Instrumental)
12. マツケンサンバII (MATSUKEN CARNIVAL MIX) (Instrumental)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

松平健と言えばマツケンサンバマツケンサンバと言えば松平健
綺麗な必要十分条件が成り立つ暴れん坊ミュージシャンの繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、そんなに暴れてない俺にとって
松平健はオーレーのイメージだ。でもいい曲だと思うよオーレー。
そんなオーレーを出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
シングル価格なのが良心的である。




m.c.A・T『Bomb A Head!』
Bomb A Head! 生誕20周年記念盤(仮) (MINI ALBUM)
m.c.A・Tほか
Bomb A Head! 生誕20周年記念盤(仮) (MINI ALBUM)
曲名リスト
1. Bomb A Head! (オリジナル) (TVヴァージョン)
2. Bomb A Head! (インストゥルメンタル)
3. Bomb A Head! (12”MIX)
4. Bomb A Head! (The Remix)
5. Bomb A Head! (EXTENDED MIX) (ピストン西沢MIX)
6. Bomb A Head! (m.c.A・T The@Special Primal Live Ver.) (ライブ収録)
7. Bomb A Head!V
8. Bomb A Head! (RAVEMAN mix)
9. Bomb A Head! (AAAヴァージョン)
10. Bomb A Head! (ボサノバヴァージョン)
11. Bomb A Head! (アカペラ) (ボーナストラック)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

m.c.A・Tと言えばBomb A Head!。Bomb A Head!と言えばm.c.A・T
綺麗な必要十分条件が成り立つボンバヘミュージシャンの繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、そんなにボンバヘってない俺にとって
m.c.A・Tはボンバヘッのイメージだ。でもいい曲だと思うよボンバヘッ。
そんなボンバヘッを出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
シングル価格とまではいかないがミニアルバム価格なのが良心的である。




ジンギスカンジンギスカン
ジンギスカンだらけ
オムニバス Moody★Rudy Berryz工房 Tankwart Donald Dark Leningrad Cowboys Die Viel-Harmoniker Perle゜ Rocking Son Wig Wam ジンギスカン×Berryz工房
ジンギスカンだらけ
曲名リスト
1. DSCHINGHIS KHAN
2. DSCHINGHIS KHAN
3. ジンギスカン
4. ジンギスカン
5. ジンギスカン
6. ジンギスカンPART.I
7. ジンギスカンPART.II
8. ジンギスカン
9. ジンギスカン
10. ジンギスカン
11. ジンギスカン
12. DSCHINGHIS KHAN
13. DSCHINGHIS KHAN
14. DSCHINGHIS KHAN
15. DSCHINGHIS KHAN
16. DSCHINGHIS KHAN
17. DSCHINGHIS KHAN
18. DSCHINGHIS KHAN
19. ジンギスカン タルタルミックス
20. ジンギスカン (ピストン西沢 Two Turntable Remix)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

ジンギスカンと言えばジンギスカンジンギスカンと言えばジンギスカン
綺麗な必要十分条件が成り立つ空耳ミュージシャンの繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、Flash黄金時代を生きた俺にとって
ジンギスカンジンギスカンめざせモスクワのイメージだ。
そんなジンギスカンを出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
色々なアーティストのオムニバス形式なのでアルバム扱いとなっている。




水木一郎マジンガーZ
マジンガーZ 40周年記念 水木一郎 ALL OF MAZINGER SONGS
水木一郎
マジンガーZ 40周年記念  水木一郎 ALL OF MAZINGER SONGS
曲名リスト
1. マジンガーZ (マジンガーZ)
2. ぼくらのマジンガーZ (マジンガーZ)
3. Zのテーマ (マジンガーZ)
4. マジンガーわがマシン (マジンガーZ)
5. 戦う兜甲児 (マジンガーZ)
6. 空飛ぶマジンガーZ (マジンガーZ)
7. マジンガー応援歌 (マジンガーZ)
8. マジンガー親衛隊 (マジンガーZ)
9. わが友マジンガーZ (マジンガーZ)
10. 二人になれば (マジンガーZ)
11. ミネルバXに捧げる歌 (マジンガーZ)
12. おれはグレートマジンガー (グレートマジンガー)
13. 勇者はマジンガー (グレートマジンガー)
14. 勝てグレートマジンガー (グレートマジンガー)
15. 鉄也のテーマ (グレートマジンガー)
16. グレートマジンガー賛歌 (グレートマジンガー)
17. グレートマジンガーのバラード (グレートマジンガー)
18. マジンカイザー (マジンカイザー)
19. マジンカイザーのバラード (マジンカイザー)
20. TORNADO (マジンカイザー)
21. マジンカイザーのテーマ (マジンカイザー)
22. マジンガー讃歌 (マジンカイザー)
23. 正義のために (CRマジンガーZグレートマジンガー)

1. マジンガーZ (’72 オリジナル)
2. マジンガーZ (’72 TVサイズ[MONO])
3. マジンガーZ (’94 ライブ~COLUMBIA ANIME FEST. ’94 ver.)
4. マジンガーZ (’97 新録)
5. マジンガーZ (’97 ライブ~ROBONATION SUPER LIVE ’97 Summer ver.)
6. マジンガーZ (ENGLISHバージョン ’98 新録)
7. マジンガーZ (’98 ライブ~おたけび生ライブ魂 ver.)
8. マジンガーZ (’98 ライブ~スーパーロボット魂’98春の陣 ver.)
9. マジンガーZ (’98 ライブ~水木一郎ライブ IN 東京ファンタまんがまつり・スーパーロボット大決戦! ver.)
10. マジンガーZ (’99 ライブ~スーパーロボット魂’99春の陣 ver.)
11. マジンガーZ (’99 ライブ~水木一郎24時間1000曲ライブの1曲目 ver.)
12. マジンガーZ (’99 ライブ~水木一郎24時間1000曲ライブの1001曲目 ver.)
13. マジンガーZ (Crazy Babble Mix ’00 リミックス)
14. マジンガーZ (’00 ライブ~水木一郎バースデーライブ 7th Jan 2000 ver.)
15. マジンガーZ (ジャズ・バージョン ’00 ライブ~水木一郎プライベートライブ ver.)
16. マジンガーZ (2001ver. ’01 新録)
17. マジンガーZ (’05 ライブ~水木一郎ライブ・オブ・アニキング ver.)
18. マジンガーZ (’05 新録)
19. マジンガーZ (21st century ver.) (’06 新録)
20. マジンガーZ (ダンスミックス) (’06 新録)
21. マジンガーZ ~グランド・アニキ・スタイル Brass version~ (’08 新録)
22. マジンガーZ -JAM 2010 feat.Ichirou Mizuki- (’10 新録)
23. マジンガーZ (’11 ライブ~Animero Summer Live 2011 rainbow 8/27 ver.)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

水木一郎と言えばマジンガーZマジンガーZと言えば水木一郎
綺麗な必要十分条件が成り立つゼェェェェット!の繰り返しCD。
他にも色々な曲があるんだろーけど、そんなにゼットしてない俺にとって
水木一郎はゼェェェェット!のイメージだゼェェェェット!
そんなゼェェェェット!を出し惜しみすること無く振りまいてくれるCD。
リミックスは新曲に数えなくても良いというシングルCDのルールに沿って
同一曲の繰り返しCDを皆がシングル形式で発売している中、
ゲワイと同様に強気のアルバム形式での発売だゼェェェェット!




⑧無音
Sounds of Silence: The Most Intriguing Silences in Recording History! [Analog]
Various Artists
Sounds of Silence: The Most Intriguing Silences in Recording History! [Analog]
曲名リスト
1.Unknown Artist / Single Side
2.Son Of Pete / Disco Party Part 2
3.Unknown Artist / Companion To TV
4.Andy Warhol / Silence (Copyright 1932)
5.Unknown Artist / B-Side
6.The Count Backwards
7.Unknown Artist / Disque De Silence
8.John Lennon & Yoko Ono / Two Minutes Silence
9.Unknown Artist / A-Side
10.Unknown Artist / A Minute Silence
11.Unknown Artist / Excerpt
12.Unknown Artist / The Sound Of The One Hand Clapping
13.Maurice Lemaitre / Le Crochet (Ruvre Sup)
14.Ciccone Youth / (Silence)
15.Sly & The Family Stone / There's A Riot Goin' On
16.Crass / The Sound Of Free Speech
17.Unknown Artist / Testpressning (Sic)
18.Unknown Artist / Excerpt
19.Whitehouse / Birthdeath Experience
20.John Denver / The Ballad Of Richard Nixon
21.Soulfly / 9-11-01
22.The West Coast Pop Art Experimental Band / Anniversary Of World War III
23.Robert Wyatt / Silence
24.John Lennon / Nutopian International Anthem
25.Orbital / Are We Here? (Criminal Justice Bill?)
26.The Planets (4) / A One Minute Silence
27.Valerie Gee's Car Band / Pensees Et Maximes De V.G.E (Thoughts And Sayings Of V.G.E)
28.Afrika Bambaataa & Family / Beware (The Funk Is Everywhere) (Silent Version)
29.Yves Klein, Charles Wilp / Prince Of Space (Excerpt)
30.Unknown Artist / Silent Grooves
Amazonで詳しく見る by G-Tools

最後に同一曲のループという意味では趣旨が異なるが、
「無音」の曲ばかりを集めた狂気のコンピレーションアルバムがこちらだ。
無音の曲自体がそもそもかなりコンセプチュアルな音楽なわけだが、
この世に存在する色々な無音の曲を集めた一枚があるというから恐ろしい。
ただ、無音の代表曲であるジョン・ケージ4分33秒は入っていないっぽい。
あとCDではなくレコード盤なのが少し残念である。

ジャケットがサイモン&ガーファンクルの「Sounds of Silence」の
パロディーなのも挑戦的だ。というか絶対誰か間違って買ってるぞコレ。
勘違いして買って聴いたら無音とかショック過ぎるだろ。



おわりに。

大事なことを繰り返すのは大事なことである。
学校の先生にも習っただろ?人間そう簡単に一度で覚える事は出来ない。
重要な事は繰り返し反復する事で身につけていくのだ。

だからこそ人生の先輩方は同じような事を何度も繰り返し言ってくる。
決して前に同じ事を言った記憶を忘れているわけではないぞ。
大事だからこそきっと何度も同じ事を言っているのだ。きっと。

ちなみに俺もこのブログで何度も同じ話題をした事がある気がするが、
それも俺がアホだからではない。きっとそれは重要な事だったんだよ多分。

来月、TM NETWORKが驚異のアルバムを発表すると話題になっている。
あの名曲『Get Wild』が33曲も収録された恐るべきアルバムだ。
当然バージョンは全て異なるのだが、それでもあのゲワイエンタッを
33回も聴かされるというのはかなり異様である。

だが繰り返すという事は単純にそれだけで非常に効果的だったりする。
2,3回くらい同じ話が出ると「またかよ」とうんざりするかもしれないが、
これが6,7回くらい繰り返されてくると次第に脳がやられていき、
10回くらい繰り返されるともう逆に洗脳されてしまい、
最悪それ無しでは生きていけないような体になってしまう事もある。

そこで今日はそんな洗脳を目的とした驚異の同一曲繰り返しCDの特集だ。
昔『LifeTime Respect』ばかりの三木道三のベストがネタで流行ったが、
今回のCDは実際に販売されているガチの繰り返しCDである。

自分の曲に誇りを持つのはいい事だが、
それを惜しげもなく繰り返してくるというのは相当なナルシズムと言える。
収録曲の文字を眺めているだけで既に目がヤバいぞ。
さあ恐ろしき無限ループを始めよう。


リピーターづくりのしかけ厳選30
リピーターづくりのしかけ厳選30

広告を非表示にする