脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】ヤなことそっとミュート / BUBBLE [2017]

 

 プライドにさよなら。

BUBBLE BUBBLE
ヤなことそっとミュート

曲名リスト
01.morning
02.カナデルハ
03.Lily
04.am I
05.ツキノメ
06.Just Breathe
07.orange
08.燃えるパシフロラ
09.see inside
10.sputnik note
11.Done
12.ホロスコープ
13.No Known
Amazonで詳しく見る by G-Tools


俺はロックが好きだ。しかし、思えば今年に入ってから
このブログはアニメやアイドルの話題がやたら多くなった気がする。

一応「脱ロック」が目的なので方向としては間違ってはいないんだけど、
ロック関連の話題での訪問者が多いと思われるこのブログで
こんなにもアニメやアイドルの話ばかりしていると、
そろそろアボカドとか投げられるんじゃないかと心配になってきた。



だがそんなロックジャンキーの皆様、お待たせしました。
凄い奴らがいたんですよ。その名は「ヤなことそっとミュート」。

はい、アイドルです。


アボカド

ちょっと、アボカド投げる前に話を聞いてくれ。すぐキレるの良くない。


確かに俺も最近はロックと他の音楽の垣根みたいなものは
だんだんと無くなってきたみたいな話をしていたんだけど、
それでもやっぱり俺の心の中には多少のロック魂は残っていた。

何せ俺は「アイドルのCDは1枚も所持していない」のだ。
普通にアイドルの曲も結構聴くんだけどね、
Youtubeとかレンタルとかで済ませている。

だからアイドルのCDを物理的には保持しないというそんな行為で
俺はちっぽけなロックのプライドを保持していた。
どんどんとロックから遠ざかっていく俺の心の最後の抵抗でもあった。


でもね、買いました
俺のロック魂はついに崩れ去った。
いいんだ、プライドなんて捨ててしまえ!

だってYoutubeで済ませられなかったんだもん。
俺はパソコンの前で彼女達のYoutubeを観ていたと思ったら、
いつのまにかタワレコオンラインのショッピングカートへと進んでいた。
何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった。
アイドルとかロックだとかそんな簡単な話じゃ断じてねぇ、
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

という事でさっさと動画を観てくれ。


もうね、完全に俺の世代のロック好きをピンポイント爆撃してます。
俺と同世代の方、この気持ち分かります?こんなんズルいでしょ?

ディストーションがかかったエモーショナルなロックサウンド。
良くあるアイドルソングのポップさ・キュートさを完全に取っ払い、
切なくてグッとくるオルタナティブロック路線を大真面目に突き進む。

まさに俺の青春時代、2000年代のアングラなロックシーンの雰囲気だ。
アイドル「BELLRING少女ハート」と同じプロデューサーらしい。
BELLRING少女ハートも昔テレビで観て面白いと思ったアイドルだが、
現在は名前を変えて新体制となっているようだ。


でもBABYMETAL路線がアリなら、この路線もアリである。
アイドルとメタルの融合というコンセプトが存在するならば、
アイドルとエモロックの融合があったって何らおかしくはない。

しかしこのヤなミュー(※ヤなことそっとミュートの略)のポイントは、
ベビメタがメタルとはいえアイドルらしさを共存させていた事に対し、
ヤなミューはそういった音楽的な要素を一切排除している事だ。
アイドルと知らずに音源だけ聴けば、間違いなくバンドと思うだろう。

だがちゃんと曲には振り付けもあるしメンバーも踊っている。
ライブではファン達によるコールも聞こえる。これは新しいぞ。
真面目なエモロックにアイドル文化がクロスオーバーしているのだ。


アルバムも全体を通してすっごく真面目。
一曲目からその歪むギター音に「おいおいこれがアイドルかよ」と
度肝を抜かれてしまう。というか全曲通してずっと抜かれっぱなしだ。
もう俺の臓物は殆ど残っていない。ドナー提供も出来ない。

特にMVも作成されている3曲目の『Lily』は最高。
間奏で唸るギターはシューゲイザーの大御所、マイブラすら思わせる。
もう本当に俺のツボをつきまくってくる。全弾命中レベル。
最近こんな音楽聴いて無かったから、懐かしさもあって感無量である。

CDのジャケットもパッと見はヴィジュアル系バンドっぽいデザインだ。
クールな世界観である。このアルバムの内容に良く合っていると思う。
これも知らなければアイドルのCDだなんて誰も思わないだろう。


しかしながらアイドル名は「ヤなことそっとミュート」だ。
そこ以外は完全に真面目なクール路線なのに、アイドル名だけが変。
アイドル戦国時代の昨今はアイドル名なんて変わったものばかりで、
むしろAKB48なんか文字面だけ見るとAK-47みたいでカッコイイ。

Uniton ライフル AK-47
Uniton ライフル AK-47

だからアイドル名に変わった名前をつけたところで、
数多の泡沫アイドルのような印象で終わってしまう危険性もある。
現に俺も名前だけでは完全にスルーしていた可能性が高かった。

だがこの名前、実はかなり考え抜かれた名前なんじゃないかと思った。

公式ではこのアイドルのコンセプトは

ヤなことだらけの日常をそっとミュートしても
何も解決しないんだけど、とりあえずロックサウンドに
切ないメロディーを乗せて歌ってみる事にする。

 とある。

こういう音楽の捉え方って俺は凄い好きで、
かの有名な英国三大ロックバンドの一角「The Who」のギタリスト
ピート・タウンゼントの言葉に以下のようなものがある。

ロックンロールは別に俺たちを苦悩から解放してもくれないし
逃避させてもくれない。 ただ、悩んだまま躍らせるんだ。

 
問題は解決しないけどとりあえず楽しめ

このメッセージをロック的に伝えたのがピートだとしたら、
それをアイドル的に伝えているのがヤなミューなのではないのだろうか。
だとすればヤなミューの背景にあるのはあのロックレジェンド、
The Whoと同じ思想なのである。だからこのアイドル名でいいのだ。
カッコイイじゃないか「ヤなことそっとミュート」。クールだよ。


と、妄想もかなり入り乱れた感想になったが、
俺に僅かに残されていたロックのプライドを砕いてくれた傑作アルバム。
ミュートするどころかリピートしまくりの一枚である事を保証しよう。

特に2000年代にロックキッズだった奴ら!
「アイドルなんて聴かねぇ」とか未だに意地張ってる場合じゃない。
とにかく聴いてみるんだ。聴いてその凝り固まった考えを解してもらえ。

アボカド投げるのはそれからでも遅くないでしょ?


【採点】
エモロックアイドル 50点
・どこまでもクール  30点
・アイドル名もクール  5点
・ちょっと前までアボ「ガ」ドって言ってた
           -1点
84点

広告を非表示にする