脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】ポルカドットスティングレイ / 大正義 [2017]


強い自分を 守っていこ。

大正義 大正義
ポルカドットスティングレイ

曲名リスト
1. エレクトリック・パブリック
2. ミドリ
3. シンクロニシカ
4. ベニクラゲ
5. 本日未明
6. 夜明けのオレンジ (大正義 ver.) (CDのみボーナストラック)

Amazonで詳しく見る by G-Tools


女性が強い時代の到来である。

そんな言葉ばかりが先行して実態が伴っていない等の批判も目にするが、
それでもやはり一昔前に比べると大分女性は活躍しているように思える。

おっと、こんな事を軽はずみに発言すると
田嶋陽子先生とかにお叱りを受けそうだな。
でも俺は田嶋先生は嫌いじゃないよ。歌ってる姿とか結構好きだよ。

そんな女性の時代を象徴するかのようなバンドが注目を浴びている。
女性ボーカル阿部サダヲ雫ちゃん率いるポルカドットスティングレイだ。
昨年公開されたMVの『テレキャスター・ストライプ』辺りから
個人的にも気になっていたバンドである。

雫ちゃんは凄い。まずこのアー写を観て。



雫ちゃんカッコよすぎ。というか周りの男達生気無さ過ぎ
このメンバーが就活生として会社の集団面接に来たら、
間違いなく雫ちゃん一択である。

実際に雫ちゃんは行動力・自己プロデュース能力が半端無い。
あのサンリオのキャラクター「ぐでたま」の
スマホアプリのディレクターの仕事もバンドと並行でやっていたらしい。

ポルカドットスティングレイのMVの中でも、
惜しげもなく自分を出しているが、無理はせず自分の得意とする方向性で
最大限に自己アピールしているといった感じだ。
積極性がありつつ自己分析力にも長けているのだ。

上手い。まさに就活生の鑑である。
それも自分に全くのウソ偽りをついていない辺りが
虚構に塗れたそこらの就活生と違うのだ。自信の持ち方が違う。
就活生はマジで雫ちゃんを見習った方がいい。彼女に学ぶべき点は多い。


そんな雫ちゃんと愉快な仲間達で構成されたバンド、
ポルカドットスティングレイのミニアルバム『大正義』だ。

正直いい加減フルアルバム出せよと言いたくもなったが、
またこの自己アピール力抜群のジャケットのイラストと
『大正義』という強気のタイトルの前に、
嘘で塗り固めたハリボテの俺は何も言えなくなっていた。

このジャケットのドロンジョ様のようなキャラ、
当然のように雫ちゃんである。MVでも同じコスプレで登場する。
彼女のこの自己アピール具合が鼻に付く人もいるかもしれないが、
そんな人の批判さえも可愛く見えてしまう程の存在感を放っている。

こんな事出来ますか?就活生の皆さん?
デキる人ってのはこんな事までやっちゃうんですよ。

自己啓発本を読むより雫ちゃんをガン見する方が
よっぽど効果がありそうじゃん?
就活セミナ―行くよりポルカのライブに行く方が
よっぽど効果がありそうじゃん?


さて、そんなまさに大正義なアルバムについてなわけだが、
俺はどうしても椎名林檎東京事変的な音楽として聴いてしまう。

ポルカ自身も間違いなくその辺りに影響を受けているのだろうけど、
こういった音楽は先にやったもん勝ちなところがあるので
既に大分長い間椎名林檎漬けにされてしまっていた俺の三半規管は
ポルカの音楽性に特に新鮮味を感じなかったというのが正直な感想だ。


だが、それでもやはりこの手の音楽に需要は多いのである。

むき出しのバンドサウンドでシニカルなリリックを投げやり気味に歌う。
サブカル的な女性ボーカルバンドというのはこうでなくっちゃといった
フォーマットを踏襲しつつ、良く良く考えれば東京事変的なバンドが
トーンダウンした昨今ではポルカのような存在を求めていた人が多いかも。

実際に今年ブレイクしそうなアーティストを紹介する
番組「バズリズム」でもポルカは今年の2位になっていた(1位はヤバT)。
それだけ期待値が高いバンドだという事の裏付けでもある。


だが俺としてはやっぱりもう少し色んなパターンの曲を聴いてみたいなぁ。
まだ発表曲数が多くないのは分かるが、どれも似たような印象がある。
雫ちゃんならきっとまだ引き出しを持っているハズだよ。期待しちゃう。

でもそういう意味でも今回のアルバムは、
ミニアルバムで正解だったのかもしれない。
色々な実験的な事をやる前に、挨拶代わりのお見舞い的一枚。

やはりこれが『大正義』だったわけだ。
これも全て雫ちゃんの計算の上である。
次にフルアルバム出すときは『孫正義』とかにして欲しいな。
雫ちゃんならきっと出来る。同じ福岡出身として。


というわけで自己紹介も兼ねたポルカのデビューミニアルバム。
今後もしかしたらフェミニズムのアイコン的存在として
そういう団体に祭り上げられたりするかもしれない。頑張れ雫ちゃん。
あと就活生のお手本としても幅広く活躍して欲しいと思う。

そして耳をすませば
無事に就職が決まった大学生からこんな言葉が聞こえてくるはずだ。

雫、大好きだ!

ってね。

【採点】
・女性が輝けるバンド   40点
・就活生必聴       20点
・自己プロデュース力抜群 10点
天沢聖司は多分変態   -3点
67点

広告を非表示にする