脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】ヤバイTシャツ屋さん / ハッピーウェディング前ソング [2017]


結婚しない若者にドロップキック。


今をときめく大人気(コミック)バンド、ヤバイTシャツ屋さん
通称ヤバTの新曲についてなんだけど、とりま真面目な話から入りたい。

最近日本人の「未婚化」の話題を報道などで良く目にする。
結婚しない若者が増えている事がなんか問題らしいぜ。

俺自身は結婚しているし結婚して良かったと思ってるんだけど、
でも別に未婚化が「問題」とまでは考えてはいない人間である。
俺の周囲には結婚してない友人もまだ多いけど、
「早く結婚したら?」なんて言わないし思わない。

別に結婚なんてしなくても良いし、
個人の選択の自由に任せておけばいいんじゃないかと思う。
言うまでもないがライフスタイルなんて様々なのである。

少子化?労働力不足?移民とロボットでなんとかなるんじゃね?
大体結婚するのにいちいち日本の将来のこととか考えてねーよ。
結婚したければすりゃいいし、したくなきゃしなきゃいい。


だが、昨今の婚姻率の低下について問題点があるとすれば、
それは「結婚したくてもなかなか出来ない」層である。

できない理由は金銭的な問題、家庭の問題、
その他宗教やらなんやらかんやら色んな要素が
ときには複合的に絡む事もあるんだろう。

特に結婚式を挙げる場合は金銭感覚が狂うからマジでヤバい。
我が家も「ん?5万のオプション?それくらいならいっとく?
みたいな恐ろしい事を結婚式の準備時には平気で言っていた。
なのに今はルンバを買うかどうかで悩んでいる。ホント頭おかしい。

そんなわけで「結婚」には人生の一大イベント感があるが故に、
「ちゃんと慎重に考えなければならない」というハードルを
皆の心が勝手に作ってしまっているという側面があるのだ。


今回のヤバTの曲「ハッピーウェディング前ソング」は
そんな結婚に迷える若年層の背中をそっと押してくれる曲だ。

キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!
からの入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!!!!!

 
これはヤバい。

背中をそっと押すというよりも
むしろ背後からドロップキックをキメてくれちゃってる。
キスしたならもうさっさと結婚せんかいという
強引なメッセージで強制入籍を進めてくる。

ノリで入籍してみたらええやん
君らお似合いやん それハッピーやん
二人 これから一生ずっと 一緒に居ろや
速攻、婚姻届 役所に届けよう


彼らは日本の未婚化・晩婚化にブレーキをかけようとしているのだ。
コミックバンドのふりしてなんと意識の高いバンドなんだろうか。
今度の衆院選に彼らが立候補したならきっと多くの票を集めるだろう。

しかも上記のフレーズのポイントは「入籍」という言葉だ。
「結婚」ならばまぁJ-POPでも耳にする事はあるが、
「入籍」なんて単語を曲の中で聞いた事がない。

でも結婚より入籍と言った方がより具体的な行為を示しているわけで、
法的な手続きとかするんだろうなみたいにイメージが浮かびやすい。
こんな言葉をキャッチーに運んでくれるからたまらない。


そしてさらなるポイントは次の歌詞

入籍してみたらええやん きっと2年以内に別れるけど
ノリで入籍してみたらええやん ええやん ええやん

の部分である。

先述したように若者がなかなか結婚に踏み切れない理由の一つは
結婚に「失敗できない人生イベント感」が染みついている事だ。
一緒に生活し始めてどうしても許せない部分があったらどうしよう。
仮に離婚とかしたら親や親族とか友人になんて思われるか不安だ。

そんな先の事を考えて慎重になりすぎるあまりに
「結婚」というものを必要以上に重く捉えるようになってしまう。
その結果「じゃあ結婚なんてしない方が気が楽~」となる。

しかしそうじゃないとヤバTは歌っているのである。
「ノリで入籍してみたらええやん」
このフレーズに全てが詰まっている。
本当に2年後に別れたとしても、だ。
とりま入籍してみる事だと彼らは訴えているのだ。


この考え方って俺はとても大事なんじゃないかと思う。
結婚でも何でもそうだがうまくいくかいかないかなんて
いくら考えたって分らないものは分らないものだ。

結婚して「うーん、やっぱダメだったわ」となったら
離婚してまたそれぞれ別の人生を歩めばいい。
そしてまた誰かと結婚したくなったらすればいい。
結婚という行為はそれくらいの軽い認識でもいいと思うんよ。

だからヤバTが歌う「ノリで入籍したらいい」というのは、
テキトーに歌っているようで実はとても的確な意見である。
結婚を重く考え過ぎるからかえって良くない。
例え「2年後に別れるかも」と思ったとしても入籍すればいいのだ。

だが上記の歌詞のせいで、
結婚式の余興みたいな場面ではちょっと歌いにくい曲ではある。
「多分2年以内に別れると~」なんて余興で歌った日には
親族からケーキを顔面に投げつけられても文句は言えない。

まぁ「ハッピーウェディング前ソング」だし、
基本的には結婚する前のカップルに送る曲なので問題はないのかな。

この曲を聞いた若いカップルが、
勢いで結婚する現象が次々に起きれば面白いと思う。
ヤバTを聴く層の年代にはそんなカップル多そうだし、
これで結婚が促進されるのであれば万々歳ではないか。

てか「カップル」っていう言い方はもう古いよね?
ちょっとおっさん臭が出てしまった…。
今はみんななんて言ってるの?アベック?


ちなみにこの曲が入ったシングル名は『パイナップルせんぱい』だ。
初回版のジャケットにはパイナップルのイラストがあるが、
通常版にはパイナップル以外の果物しか確認できない。

パイナップルせんぱい(初回限定盤)(DVD付)
パイナップルせんぱい(初回限定盤)(DVD付)
パイナップルせんぱい(通常盤)
パイナップルせんぱい(通常盤)

お好きなバージョンをどうぞ。

あとこの曲は見事オリコン週間2位を獲得した。
こういう曲が売れているという事実は素直にうれしい限りだね。
さぁみんな入籍!入籍!さっさと入籍!


【採点】
・結婚するならノリノリで  30点
・若年層への強いメッセージ 20点
・ノリで出馬したらええやん 20点
・人生観は様々そう誰もが知ってる 2点
72点

パイナップルせんぱい(通常盤) パイナップルせんぱい(通常盤)
ヤバイTシャツ屋さん

曲名リスト
1. ハッピーウェディング前ソング
2. 眠いオブザイヤー受賞
3. とりあえず噛む
4. ハッピーウェディング前ソング (岡崎体育 remix)

Amazonで詳しく見る by G-Tools