脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】8otto / Dawn On [2017]


オススメにオススメ。

Dawn On Dawn On
8otto

曲名リスト
1. Ganges-Fox
2. SRKEEN
3. Romance
4. It's All Right
5. 赤と黒
6. Rolling
7. Summer Night
8. 愛を集めて
9. Mr. David
10. I Wanna Light
Amazonで詳しく見る by G-Tools


「お勧めの音楽教えてよ。」

俺は昔っからこの質問が苦手なのだ。

それなりに音楽を聴いている事が周知されると、
周りの人間からこの手の問いかけを受ける事がたまにあるよね。
そしてこの手の問いかけに対する回答がなかなかに難しいのだ。

「お勧めの音楽を教えて欲しい」という事は、
皆に知られているようなメジャーなアーティストではないんだけど、
実は実力者みたいな隠れ家的アーティストを回答しなければならない。


だがこれが実に難しい。

まず人間には好みがあるので変に尖った音楽は薦めにくい。
ここでいきなりグラインドコアとかを紹介しちゃうと、
今後口を聴いて貰えなくなる可能性すらある。

だからある程度誰にでも通じる良さを持っている事が理想だが、
そういうアーティストは既に皆それなりに知っている事が多い。
そこまで知られていないけど普遍的な良さがあるアーティスト、
そんなある意味かなり矛盾した存在を回答しなくてはならない。

あと、この手の質問はこっちのセンスを試されている可能性がある。
お勧めのブランド、お勧めのラーメン屋等と同じような類の質問。
「こいつ、どこまで通なのか」と品定めされている気がする。
下手な回答をすれば「フッ、素人め」と思われかねない。


そんな難問に対する回答として俺が準備しているのがこちら、
8otto(オットー)である。「8otto」で「オットー」と読む。
文字で見るとカッコイイけど、読み方はちょっとカワイイ感じ。

とにかく初めて聴いた時の衝撃が凄かった。
日本人なのに日本人離れしている。しかしどこか日本的なカッコ良さ。
洋楽の凛としたシャープなカッコ良さと日本語詞のマッチ具合が凄い。

なんのかんの言っても邦楽と洋楽ってやっぱり音楽の空気が違う。
音楽に国境は無い!などといいつつも、
両者の間にはどうしても垣根というものを感じてしまうものだ。
しかしそれを本当に意識させないくらいのカッコ良さが彼らにはあった。


実際に8ottoは昔から洋楽系のフェスに良く出演しており、
幅広い知名度は無いものの一部では非常に人気が高いバンドだった。
しかしここ数年はたまに曲を配信する程度であまり目立った活動がなく、
正直フェードアウトしていくのかなとすら思っていた。


だがそんな8ottoがついに6年ぶりのアルバムを発売したのだ!
6年とかちょっと間空け過ぎじゃないですかね。
小学生だったら卒業してるやん。でも良かった。待ってたよ。

今回のアルバムはアジカン後藤のプロデュースらしい。
正直俺はアジカン後藤にはフロントマンであって欲しくて、
彼のプロデュース業はそこまで好きじゃないんだけど…


しかし良い。
やっぱり8otto8ottoだったよ。滲み出てくる丈夫(ますらお)の音楽
男女平等が謳われるこの世の中で敢えて言わせてもらいたい。
この味は女性には出せない。カッコイイ「漢の匂い」がそこにあるのだ。

先行で公開されていたニンジャスレイヤーの曲もしっかり収録。
ああカッコイイ。日本語がこんなにカッコよく聞こえるなんて。

サビの「スリケンを習え」ってセリフ、
こんなにカッコよく発音できるなんて脱帽ですわ。

てか8otto曰く

キャラ作りや英会話を習う前に俺たちは

スリケンを習え

だそうですよ。やべぇ惚れる。
確かに英会話なんて今後AIが発達すればそこまで要らなさそう。
でもスリケンはどこで習えるんだろ。駅前とかで講座してんのかな。


ただ今回のアルバム、全体的に「邦楽寄り」になっている。
以前の洋楽のガレージロックっぽい8ottoが好きだった方は
ちょっと戸惑ってしまうかもしれない。

だが、代わりにダイナミックさが増している。
上記の『SRKEEN』もややチャレンジ的な楽曲だし、
ホーン隊を使った『It's All Right』など
今までに無かった音楽的な幅の広がりとしなやかさを見せている。

8ottoを初めて聴くという人には薦めやすいアルバムだ。
「こんなカッコイイバンドが日本にもいるんだよ!」と堂々と言える。
だから俺は胸を張って良く他人にこのバンドを薦めているのだ。


ちなみに今回の久々のアルバムリリースに当たり、
様々な方がコメントを寄せているようだ。

www.onlyindreams.com


正直誰?みたいな人(超失礼)のコメントもあるけど、
これだけの面子がコメントを寄せる程に8ottoは熱いバンドなのだ。
もっと多くの人に知って欲しいし売れて欲しいとも思う。

ああでも彼らが売れてしまったら、
冒頭の「お勧めの音楽教えてよ」の回答に8ottoを使えなくなるな…。
あまり知られていないけどカッコイイ音楽を知っている俺カッコイイ
が出来なくなるな…。なんとも複雑な気持ちである。

いずれにしても「ロックってカッコイイんだぜ!」
て事を有無を言わさずガツンと聴いて分からせてくれるバンドだ。
今の邦楽バンドシーンにおいてとても貴重な存在。

あなたの「お勧めの音楽」の回答に、是非彼らをお勧めしたい。


【採点】
・6年ぶりの復活アルバム  6点
・洋楽と邦楽を飛び越える 40点
・ますらおの音楽     30点
・スリケンを習え      5点
81点

広告を非表示にする