読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】ゲスの極み乙女。 / 魅力がすごいよ [2014]

「魅力がすごいよ」って垂れ流してやる。

魅力がすごいよ(初回限定魅力的なプライス盤) 魅力がすごいよ(初回限定魅力的なプライス盤)
ゲスの極み乙女。

曲名リスト
1. ラスカ
2. デジタルモグラ
3. crying march
4. 星降る夜に花束を
5. 列車クラシックさん
6. 猟奇的なキスを私にして
7. サリーマリー
8. ruins
9. アソビ
10. 光を忘れた
11. bye-bye 999

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

2014年最大の出世バンドと言ったら彼らだ。
とにかく名前のインパクトと、
それでいて名前に似合わない繊細な楽曲が話題をかっさらっちゃった。

というわけでメジャー1stとなったこのアルバム。
「魅力がすごいよ」とは強気の物言いなのか、はたまた別の意味なのか?

百聞は一聴にしかず。
聴けばわかるさ!


こ、これは…

み…魅力がすごいよ!


確かにこれは魅力的なアルバムだ。
そう言わしめるだけの魅力があった。
とりあえず一曲目の「ラスカ」の歌詞で
早速「魅力がすごいよ」と言ってはいたけど。


特にアルバムの構成がとても魅力的。

シングル発売されていた『猟奇的なキスを私にして』は、
単発で聴くとそこまで好きじゃなかったんだが、
このアルバムの中で通して聴くととても魅力的。

本人達が言うところの”プログレ的”アプローチも随所にあり、
それでいてキャッチーさと同居出来ているところも非常に魅力的。

特にメディアリテラシーについて考えさせられる、
ネット社会を歌った『デジタルモグラ』はやっぱり魅力的。

そんな魅力がいっぱいなところが魅力的!
「魅力がすごい」とは伊達じゃない!


でもこんな風に魅力が凄いと言いまくる俺も
ラスカで言うところの「垂れ流しのメディアの声」なのか。
いいよ別に。大体いつもウ〇コみたいな文章を
ウ〇コみたいに垂れ流してんだ。多少増えても変わりゃしない。

今年もどんな魅力的な曲を届けてくれるのか楽しみだ。
というわけで次回作は「魅力がくどいよ」とかどうかな。


【採点】
プログレチックに魅力的 30点
・キャッチーさでも魅力的 30点
・アルバム構成も魅力的  20点
・ジャケットも…ちょっと魅力的
              1点
81点

広告を非表示にする