読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】indigo la End / 幸せが溢れたら [2015]

ゲスとは違うのだよ、ゲスとは。

幸せが溢れたら(通常盤) 幸せが溢れたら(通常盤)
indigo la End

曲名リスト
1. ワンダーテンダー
2. 瞳に映らない
3. 夜汽車は走る
4. 心ふたつ
5. まなざしの予感
6. 実験前
7. ハートの大きさ
8. 花をひとつかみ
9. つぎの夜へ
10. さよならベル
11. 幸せが溢れたら

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

ゲスの極み乙女。のボーカルの川谷絵音が、
またまたボーカルを勤めている別のバンドのフルアルバムだ。

ちなみに「indigo la End」という名前は
スピッツのアルバムの「インディゴ地平線」が由来だそうだ。
あのアルバムか。あれはいいものだ。

ゲスの極みでも忙しそうなのに、
こちらでもアルバムを出しちゃうなんて多作なお方だ。
過労で倒れないでね!


こちらの楽曲はゲスの極みのようなアクが強いものではなく、
優しく切ないメロディアスものが多い。
むしろ2000年代以降の王道J-ROCKスタイル?

ボーカルが特徴的ではあるけれど、
ゲスとは違った魅力があってちゃんと差別化出来ている。

歌詞も恋愛的要素がやや強く、
ジャケットやタイトルからもなんか柔らかい感じがする。
女子受け狙い
かっ!やっぱり女子受けが大事なんかっ!
やっぱりお前はゲスだったのかっ!

でも実際にゲスの極みと聴き比べしちゃって、
indigo la Endだとなんだかパンチが足りないって人は多そうだ。
かくいう俺もちょっとはそんな事を思った。

でも攻めてる曲も多く、特に冒頭3曲は怒涛の流れ。
このアルバムに10分でも浸ればゲスの印象は薄れて、
indigo la Endの世界へと誘われちゃうのだ。

こっちの世界の方が好きな人も意外と多いのか?
川谷絵音のまた違った雰囲気を感じたい人は是非。


【採点】
・優しさと     25点
・切なさと     25点
・メロディアスさと 25点
・俺はそんなに幸せに溢れてないが
          -3点
72点

広告を非表示にする