読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】Car Seat Headrest / Teens of Denial [2016]

アーティスト:カ 洋楽 2010年代 Album 75~79点


偉い人の話もたまには聞こう。

ティーンズ・オブ・ディナイアル ティーンズ・オブ・ディナイアル
Car Seat Headrest

曲名リスト
1. FILL IN THE BLANK
2. VINCENT
3. DESTROYED BY HIPPIE POWERS
4. (JOE GETS KICKED OUT OF SCHOOL FOR USING) DRUGS WITH FRIENDS (BUT SAYS THIS ISN’T A PROBLEM)
5. NOT WHAT I NEEDED
6. DRUNK DRIVERS/KILLER WHALES
7. 1937 STATE PARK
8. UNFORGIVING GIRL (SHE’S NOT AN)
9. COSMIC HERO
10. THE BALLAD OF THE COSTA CONCORDIA
11. CONNECT THE DOTS (THE SAGA OF FRANK SINATRA)
12. JOE GOES TO SCHOOL

Amazonで詳しく見る by G-Tools


先週から今年聴いたちょっとマイナーな洋楽を続けて書いているけど、
このグローバルが叫ばれる世の中、何故日本で洋楽は元気がないのか。

いや、正確には洋楽は元気が無い「ように見える」と言った方がいいかも。
聴いている人は聴いているけど世間への浸透力が殆ど無いって感じ。
ここ数年でみんな知っている洋楽ってファレルとテイラーくらいか。

来年コールドプレイが東京ドーム公演やるらしいけど、
平日だしちゃんと席が埋まるかおじさん今から不安でしょうがないよ。
⇒コールドプレイ、2017年4月に来日公演が決定


そんな日本において洋楽の話題を熱心に提供して下さっている御方がいる。
全日本のロック好きのバイブル「ロッキング・オン」のボス、渋谷陽一だ。


渋谷陽一が音楽ライターとして果たした役割は非常に大きく、
俺と20歳近く離れた音楽好きの上司からも彼の名前が出てくる。
彼が日本に紹介した外国の思想や音楽文化は数知れない。

今でこそ知らない人も多いかもしれないが、
ROCK IN JAPANフェスの最初に挨拶するあの人だよ。
みんなあの挨拶を校長先生の朝礼と思ってテキトーに聞いてないか。
偉い人の言葉はちゃんと聞くもんだぞ。俺は聞き流すけど。

そんな渋谷陽一は現在、WEBサイト「RO69」にて
「社長はつらいよ」というブログを運営し日々情報を発信してらっしゃる。
ロック好きなら勿論読んでるよね。俺は読んでないけど。


だが俺も色々ネットで検索していると
良くこのRO69のページにぶち当たるものだから、
ほぼ事故的に彼のブログの記事を読んでしまう事になる。

前置きが大分長くなったが、
そんな彼のブログで俺はこの「Car Seat Headrest」を知った。

なんか渋谷陽一が鼻息を荒くしながら「これヤバいよ」とか言うからさ、
もう彼もいい歳だしそろそろ息切れがちなのかなとか思いながら
Youtubeで俺も『VINCENT』聴いたらさ俺も鼻息荒くなったわけよ。

⇒カー・シート・ヘッドレストの「ティーンズ・オブ・ディナイナル」は、どの曲も良すぎて選曲が出来ない

こうしてまんまと彼の策略にハマってCD買わされた。
俺も立派な渋谷陽一チルドレン。ホント彼には昔から余計なお世話になる。


このアルバムは確かに良い。俺好みのインディーロックだ。
じわじわーとテンションが上がる感じ。ジャケットはなんか安っぽいけど。

2010年代の洋楽ロックの流行ってすげー大雑把にまとめると、
コールドプレイ辺りの流れを受け継いだ壮大で整ったタイプのロックと
The 1975やWalk the Moonのような、ドリームポップ風のロック、
そしてザラついたローファイ気味のサウンドを鳴らすオルタナロック、
おおよそこんな3つの分類が出来る。俺なりに強引に分けるとね。

前者2つは日本でもそこそこ人気が出やすいんだけど、
この「Car Seat Headrest」は上記で言うところの3つ目。一番地味。
飲み会でも端っこでスマホしてるヤツが聴いてそうなロック。
つまり俺が好きな奴。昔からの俺の好物。当然飲み会よりスマホだ。

そんな空気を読まないし読めないゴーイングマイウェイ共には
うってつけのロックなのだ。売れ線とはまたちょっと違う感じがクール。
ヒラリーでもトランプでもなくゲーリー・ジョンソン的な変わり種。


特にYoutubeで聴いた2曲目の『VINCENT』はたまらん。
徐々に高揚感が高まっていく曲展開。気付けば術中にハマってる構成。
血圧とかも急上昇しないので健康にも優しい。
8分近いのにその長さを感じさせないのも凄い。うまいなぁ。

しかし「Car Seat Headrest」ってつまり車の座席のヘッド部分だよね。
低反発 ネック パッド ヘッド レスト 柔らか ベロア パンチング デザイン 首 肩 に フィット インディゴブルー 深藍色 (1個)
低反発 ネック パッド ヘッド レスト 柔らか ベロア パンチング デザイン 首 肩 に フィット インディゴブルー 深藍色 (1個)
日本でも最近変なバンド名多いけど、あちらさんも大概やな。


有難う渋谷陽一さん。こんな音楽に出会えたのも貴方のお陰だ。
やっぱ飲み会行くくらいならその金でCD2枚くらい買った方が有益だよね。
今後はブログも読みます。でも朝日と日経の新聞画像だけの記事多くね?

ちなみに渋谷洋一って人もいるみたいだけどゲームライターっぽい。
イイ感じに紛らわしいぜ。


【採点】
渋谷陽一が興奮  30点
・つられて俺も興奮 30点
・高血圧にも優しい 20点
・ジャケットがイマイチ…
          -1点
79点

広告を非表示にする