脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】大塚愛 / SMILY [2005]


笑って笑って リズムネタが観たい。


大塚愛って人気の絶頂期は10年ちょっと前くらいで
まー俺の黒歴史な青春時代とまる被りなわけなんだけど、
今の若い子たちって彼女の事をどれくらい知ってるんだろうか?

さくらんぼ』とか『プラネタリウム』とかの有名曲なら
聴いた事あるって感じなのかな。そのきっかけも俺らのような
体のパーツにいい具合に不具合が生じ始めた頃合いのおっさん世代と
一緒にカラオケ行ったりして大塚愛の歌を聴かされて知るのかな。

ごめんな、おっさんの「もーいっかい!」とか
民事訴訟モノだよな。いつも耐えてくれて有難うな。


そんな大塚愛の曲を久々に聴いた。それも衝撃と共に、だ。

先日放送されたキングオブコントの決勝。
優勝したのは「かまいたち」だったけど、
話題をかっさらったのはまだ結成5ヶ月で決勝まで上り詰めてきた
驚異のニューカマー「にゃんこスター」だった。



大塚愛の曲に乗せたリズムネタを披露して会場騒然。

何これ。新しいんですけど。
テンポとテンションが素晴らしい。

1回目のネタ披露時点では1位だったが、
2本目でかまいたちに抜かれて結局は2位だった。
やはり2回目も1回目と同様のリズムネタだったので
1発目程の衝撃が無かった。まぁ順当な結果だと思う。

ちなみに俺はアキナのネタが結構好きだった。
サイコパスというリアルではちょっと怖い題材を
コントというフォーマットに乗せる事で笑いに昇華する。
ただ笑いどころの数が稼げなかったのは辛かったのかな。




しかしこの「にゃんこスター」のパンチ力は凄まじかった。
彼らはスーパー3助アンゴラ村長による男女コンビだ。



特に女性メンバーのアンゴラ村長
メジャーとサブカルの挟間でスパイダーウォークしてる感が良い。
間違っても彼女の過去ツイートとか調べないでね。怪我するよ。

あと男のスーパー3助はサカナクションの山口一郎に似てる。
そして実際にサカナクション聴いてそう。あと電気グルーヴ

ちなみに「にゃんごスター」という
ドラムがめちゃ上手いゆるキャラもいるので
そちらと混同しないように。



ああ、そうだ。大塚愛の話だった。

そのにゃんごスターがキングオブコントの1本目のネタで
使用していたのは大塚愛の『さくらんぼ』だった。
この曲は有名だし多くの人が「あ、さくらんぼだ」と思っただろう。

しかし2本目のネタで使用された曲は、
パッと出てこなかった人が多数だったと思われる。
大塚愛なのは間違いないんだけど…曲名なんだっけコレ?

しかしサビ前のコールの「スマイリー」で気付く。
ああ、そうだった!『SMILY』だった!
正確な英語の綴りは『SMILEY』だけど、
大塚愛的には敢えて『SMILY』と銘打ったあの『SMILY』だった!


いやぁ、超久々に聴いたよこの曲。
実はコレ当時オリコン1位取った曲なんだよね。
パクリ疑惑もあったけど大塚愛の代表曲だよ。すっかり忘れてたよ。あとちょっとニルヴァーナっぽいジャケットだったね。

SMILY/ビー玉

「らーらーらーらーいえーい」という
天真爛漫すぎる冒頭から大塚愛ワールドが炸裂。
合いの手タップリで終始ご機嫌麗しい底抜けに明るい曲だ。

冗談でも何でもなくこんな曲が許されるのは大塚愛くらいのもんだろう。
このイノセント具合、まさに大塚愛ブランドがなせる技だと言える。
つまりカラオケでおっさんが歌うとそれだけで事案なわけだ。


でもこの曲のサビの
「泣きたいところは1人でも見つけられる」の歌詞に関しては
ちょっと切なさが滲み出ている。

泣きたい事もある、でもだからこそ「笑って 君の笑顔が見たい」
と歌う部分が対照的でエモーショナルに響くのだ。
大塚愛もなかなかのリテラシーをお持ちのようだ。

俺は大塚愛にそんな詳しいわけではないんだけど、
でも良く良く考えると『さくらんぼ』やこの『SMILY』のような
ミドルテンポでリズムネタがやりやすいポップソングって
愛ちんと言えど意外に少ないんじゃないかと思った。

もっとアップテンポだったり逆にしんみりしたりと、
何気に大塚愛には曲の属性が色々あって侮れないのである。

という事はにゃんこスターが『さくらんぼ』に続く
2本目の曲として選んだこの『SMILY』は
他に選択肢が無い程にドンピシャの選曲だったと言えるわけだ。


となると「別の曲でのリズムネタが観たい」と思ってくる。
大塚愛の他の曲で来るのか、または別のアーティストで来るのか。

歌ネタ・リズムネタって芸人と曲のイメージがリンクするので
相当気を遣うポイントの筈だ。何せセンスが問われているのだ。
俺はにゃんこスターのその部分にも注目していきたい。


そう言えばコロコロチキチキペッパーズ
キングオブコントで優勝した時も
SURFACEの『さぁ』のリズムネタだったな。



歌ネタ、リズムネタはやっぱり強いぞ。
芸人を目指すならあっと驚くような曲とネタのリンクを見つけて、
新たな面白さ・魅力を開拓するのが近道かもしれない。

結局大塚愛の話殆んどしてないな…。
脱線はいつもの事だけどすんません。
ちなみに俺が好きな大塚愛の曲は『CHU-LIP』です。
誰かネタに使ってみて下さい。


【採点】
にゃんこスターの衝撃 40点
大塚愛のベスト選曲  30点
・リズムネタ強し     5点
・にゃんごスターと被る -1点
64点

愛 am BEST 愛 am BEST
大塚愛

曲名リスト
1. 桃ノ花ビラ
2. さくらん
3. 甘えんぼ
4. Happy Days
5. 金魚花火
6. 大好きだよ。
7. 黒毛和牛上塩タン焼680円
8. Cherish
9. SMILY
10. ビー玉
11. ネコに風船
12. プラネタリウム
13. LOVE MUSiC

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする