脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】ヤバイTシャツ屋さん / Galaxy of the Tank-top [2018]


ちゃんと聴けばちゃんとROCK。

Galaxy of the Tank-top(通常盤初回プレス) Galaxy of the Tank-top(通常盤初回プレス)
ヤバイTシャツ屋さん

曲名リスト
1.Tank-top in your heart
2.ヤバみ
3.DANCE ON TANSU
4.眠いオブザイヤー受賞
5.気をつけなはれや
6.Universal Serial Bus
7.ハッピーウェディング前ソング
8.ドローン買ったのに
9.ベストジーニスト賞
10.メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲
11.とりあえず噛む
12.サークルバンドに光を
13.肩 have a good day -2018 ver.-

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ヤバTはなぜここまで人気になったのか。

キュウソネコカミ、打首獄門同好会、岡崎体育
コミックソング的アプローチで楽しませてくれる
アーティストは沢山いるわけなんですが、
ヤバTってそんな中でも明らかに人気が高い。

昨年のバズリズムで1位になったから?
そうなのか?あの番組ってそんな影響力あるのか?
だとしたら今年はCHAIが超人気になってしまうぞ?
みんなそれでいいのか?俺は全然オッケーだけど。


俺が考えるにシンプルに曲がいいんだよねヤバTって。

彼らはやっぱり歌詞とかMVとかキャラクターとか
音楽性以外の話題の方がピックアップされがちだけど、
メロコアベースでしっかり曲を作ってると思うんです。

WANIMAと同じく昨今のメロコア復権
ヤバTは間違いなく寄与してる。
それくらいにヤバいやつらなんだよヤバTって。


今回のアルバムにもちゃんと
メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいに
 よく収録されている感じの曲』が
10曲目に収録されているじゃない?

これは別にメロコアをディスってるわけじゃないよ。
彼は本当にメロコア聴いて育ったメロコア好きのバンドだと分かる曲。
本人達も今回のアルバムの歌詞カードでコメントしてた。
俺らはメロコアバンドだと言い張ります!って。

だからコミックバンドという切り口だけで判断すると
彼らの真価を見誤ってしまうのである。
ヤバTは今をときめくメロコアバンドだ。
プラス、曲が面白くてありぼぼちゃんが可愛いってわけで。


そんな感じで昨年は怒涛の勢いで活動しまくってたヤバTが、
勢いそのままに今年頭に発売した2ndフルアルバムがコチラ。
邦題は『タンクトップの銀河』。壮大なタイトルである。

幕開けは『Tank-Top in your Heart』。
「タンクトップを着たいけど似合わないんじゃないか
 なんて考えてしまう弱き心を破り捨てろ」と、
ロックに訴えかける強烈なメッセージソングである。

そう、俺もタンクトップが絶望的なまでに似合わない男なのである。
肌はもやしみたいに色白だし肩にBCG注射の跡あるし
タンクトップもノースリーブも買う勇気すらない男だ。

しかし、この曲を聴いて俺はハッとした。
買えないなんて決めつけているのは結局自分でしかなかったのだ。
そうだ、俺も心のタンクトップを破り捨てろ。
今年の夏はタンクトップデビューしてみよう!

そんな事を一発目から考えさせられたアルバムだ。
これは凄い事である。聴く人の意識を改革していく。
もうこの事実だけでこのヤバTのアルバムはロックだと言える。


そして2曲目は英語でそれっぽく歌ってるけど
特に意味なんてないとぶっちゃけているライブ定番曲『ヤバみ』。


これもMV含めてコミックソングと感じてしまうけど、
曲が普通にカッコいい。サビのノリも最高である。

そんな中、5曲目の『気をつけなはれや』は
なんと珍しく切ない感じのラブソングだ。
これはギターボーカルのこやまくんが
学生時代に実際に付き合っていた人との実体験が元ネタらしい。
意外にこんな曲も書くんだな、人間らしいな、と驚いた曲。


そして6曲目の『Universal Serial Bus』はそのままUSBの曲だ。
これを我々人類は待っていた!USBを逆に刺してしまう事による
時間のロスとフラストレーションを曲にした偉大なナンバーですよ。

USBを刺そうと思っても刺さらず、そして逆にしても刺さらず、
やっぱ最初の方向で正しかったやん!というあの最高に無駄な時間
これまで全世界で繰り返されてきた上記の無駄時間の総量は
おそらくとてつもない時間になると思われる。

そんな悲しき実態を叫んだのがこの曲なのである。
ちなみに最近はどちらの方向でも刺せる「USB-C」なる規格があると
歌詞カードにコメントしてありました。そう、あるんです。
俺も一応はSEなので知ってます。世の中早く便利になぁれ。



そして結婚しない若者に勢いで入籍を勧める人気曲
『ハッピーウェディング前ソング』や、
ドローンをバイトして買ったのに、法律が変わった事により
飛ばせなくなった虚無を歌った『ドローン買ったのに』など
社会派の楽曲も続く。やっぱりヤバTはロックなんだよ。

またありぼぼちゃん作詞作曲の『ベストジーニスト賞』は
歌詞カードコメントにあるように少しプログレっぽい曲。
え?マジで?ありぼぼちゃんプログレ好きなん?
プログレあんまり好きじゃないんだけど、
ありぼぼちゃん好きなら俺も頑張って聴こうかと思うよ?


こうやって振り返ると、前作『We love Tank-top』に比べて
音楽の幅も扱うテーマもとても広がったアルバムになっている。

このアルバムを聴けば「ヤバTって面白いだけのバンドでしょ」
なんてのは言えなくなるぞ。奴らは確実に大きくなっている。
なんてたってGALAXYだかんね。広がり続ける宇宙なのだ。


『サークルバンドに光を』は、ヤバT自身の事を歌った曲らしい。
大阪芸術大学のサークルで結成されたヤバTの回顧録的曲だ。

サークルバンドに光を サークルバンドに光を
からかれ笑われ見向きもされんな
サークルバンドに光を 照らしておくれよ
もうやめようとも思わんところまできました


まさかヤバTに泣かされそうになるとは思わんかったわ…
こいつらいつの間にか普通にええバンドになっとんで…
そしてこの曲はきっと後続の大学サークルバンド達を
照らす光のような曲になるんじゃないかと思う。


ヤバTの昨年の躍進と成長がグッと感じられる渾身の2nd。
正直この手のバンドって1stのインパクトが大きくて
2nd以降はそうでもないとか思ってたけど期待以上でした。

この勢いでマジで紅白とか狙って欲しい。
WANIMAもいけたんだからヤバTも続け!
そしてCHAIも!


【採点】
・感じるメロコア愛 50点
・意外に社会派楽曲 20点
・まさかの泣ける曲 10点
・まずはノースリーブから… 1点
81点