脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】LOST IN TIME / 列車 [2003]

本気で泣かせに来る曲。



シンプルで小難しい曲じゃなくとも、
いや、そうじゃないからこそ胸を打つ音楽。

実はもう10年以上活動していたのか、LOST IN TIME

彼らは俺が高校の時にデビューしたバンドだ。
一方その頃の俺自身はというと高校デビューなどはしているわけもなく、
というか大学デビューすらせずにいつデビューするんだろとか考えているうちに
無駄に年月を過ごしてどこかでデビューする間もなく引退みたいな感じだ。

そんな俺の経歴は置いといてだ、彼らの1stシングルの曲『列車』。


泣きましたよ、当時。
電車通学だったし、電車の中で聴いて泣いた。

高校生って結構多感な時期でしてね。
そりゃもうこの曲の切なさパワーたるやとんでもないものだった。
泣くって。そりゃ高校デビューできなかった俺は泣くしかないんだって。

この曲、シンプルでもじわじわと来るコードの進み方と共に
本当に列車に乗って物思いにふけっているような感覚に陥る。
歌詞もホントに泣かせにきてる。
「果てなく続く未来という不安に
 成す術もなく途方にくれる」
「それでも必死だった
 毎日に怯えながら」

そしてサビの歌詞
「あの頃はよかった なんて言いたくはなかったのにな」


うええええええん!
高校生の時点でこの歌詞に泣いてたのにさ、
今の俺とか「あの頃はよかった」なんて言いたすぎて、
良く分からん映画で全米が泣いて流した涙の総量くらい泣けるわ!

しかし勿論、
この曲を聴いて昔は良かったで終ってしまうのではなく、
ではこれからの未来をどう思えるかは自分次第だという事だ。

それを再認識させてくれる意味でも、
とても身に染みる素晴らしい曲だ。

久しぶりに電車にでも乗って聴いてみようか。


【採点】
・泣いた高校時代         30点
・それよりもっと泣ける今現在   30点
・そして頑張るこれからの未来   20点
・いくつになってもデビューできる  3点

83点

BEST きのう編 BEST きのう編
LOST IN TIME

曲名リスト
1. 再会(新曲)
2. 花
3. 翼
4. 通り雨
5. 約束
6. 教会通り
7. 列車
8. 昨日の事
9. 北風と太陽
10. 秘密
11. 然様ならば
12. 足跡(STEP UP RECORDSコンピレーション”OUT OF THIS WORLD 4”収録)
13. ひとりごと
14. ニジノシズク
15. 進む時間、止まってた自分
16. グレープフルーツ(新曲)

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする