脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】チャットモンチー / いたちごっこ [2014]

行けないふり、そこ東京。

 

なんか結構なメンバーで復活したチャットモンチー
完全なガールズバンドじゃなくなったのが
内心ちょっと勿体無い気がしないでもない俺だが…。

早速いい曲出して来ましたよ。
両A面シングルだったが個人的に好きなのはこの『いたちごっこ』。
『東京ハチミツオーケストラ』に似た衝動を感じるぜ!


東京って流通網やインターネットがこれだけ普及した現代でも、
なんだかんだで最先端のムーヴメントが味わえる街なんだ。結局。
俺も何回か行った事あるけどやっぱり空気の違いを感じちゃうのだ。

ええ、しょれっと東京実は数回行ってる自慢しましたよ。
それくらいで自慢になると思ってる地方民だよっ!やかましいわ!


これはそんな東京に想いを巡らすとてもステキな歌だ。

そんな東京で生きて行くためには、鈍感ではいられない。
そんな東京にずっと住んでいると、純粋ではいられない。

そういう気持ちがストレートに表れているのだ。

そして今の時代に音楽で何を表現するのか。

「愚痴みたいなうた 吐いて
 サプリみたいなうた 食べて
 ヤジみたいなうた とばして
 説教じみたうた くらって」

 

「うたいたいうたがなくなっていくのが
 こわいだけなんだよ」


この叫びのような歌詞を軽やかに楽しげに歌っている。
自分の感性を信じて東京の波に飲みこまれないように。
そして最後に「帰れないふり ここ東京」。

そうですか…
東京ではやはり俺みたいな地方者は淘汰されちゃいますか…
というコンプレックスと自信喪失が襲ってくる曲でもある。
東京の怖さが軽やかに朗らかに歌われているのだ。


でも「今だからこそこんな曲を歌いたい」という
自然な気持ちから素直に出てきた歌なんだろう。
特に東京にいる地方民にはとても心に沁みる曲なのでは?


【採点】
・素直で沁みる歌詞  20点
・軽やかに楽しげに  10点
・復活オメデトウ   10点
・地方民加点     40点
80点

こころとあたま / いたちごっこ こころとあたま / いたちごっこ
チャットモンチー

曲名リスト
1. こころとあたま
2. いたちごっこ
3. 変身 (GLIDER MIX)

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする