脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Song】SUPERCAR / Lucky [1997]

綺麗な思い出だけなら、
まだラッキーなのにね…。

 

知名度よりも影響度で話題になる事が多いバンドだ。
ジャパニーズ・オルタナティブ・ロックバンド、スーパーカー

なんというか時代と共にあったバンドだと思う。
音楽性が常に時代の流行をキャッチして変化している。
彼らが邦ロックに果たした役割はかなり大きい。

そんなスーパーカーの初期、1997年の曲だ。

当時のマイナー系ジャパニーズロックの最先端というのは
この曲のような感じだったんだろうなという事が伺える。
GLAYラルクのような音楽を好むクラスの人気者とは
距離を置いてたというか馴染めなかった非リア層は好んで聴いてただろ!

改めて聴くと今の人にはそんなに新鮮味はないかもしれないが、
この曲のような全体的に内向的でもやもやしたような楽曲は、
おそらくこの曲が一つの起点になっていると言ってもいいくらいだ。

当時の学校のちょっと根暗で目立たない枠に入ってて
周りの話題についていけないまさに俺みたいなタイプの人間にとっては
この曲みたいな世界観の方がフィットしていて癒してくれていたのだ。
ありがてぇありがてぇ。フルカワミキちゃんちゅっちゅ。


でもこの曲は青春にありがちな自尊心の傷口を治したり、
止まっていた気持ちを前進させたりするものでは全く無く、
共感させるだけさせといて放置して終わりみたいなモンなのだ。

しかし気付いたら曲をリピートしている。
実に不思議である。
なんも救われてなくても何故か癒されてしまうというパワーを秘めている。

ツインボーカルを活かして、
男女の内面のつぶやきのようなものを互いに繰り広げる歌詞。
分かり合えない男女の切ない行き違いを表現しているのかな。
青春のもどかしい気持ちがズキズキと伝わってくる良曲。

ウジウジした湿った心もサッパリと歌い上げてくれているその姿は、
非リア層がまさに音楽に求めていた新たな光だったのだ。
腐った青春を送った人々にならきっともれなくリピートしているだろう。
そんな曲なのだ。

だからほら、みんなリピートしよ。
てかしろ!


【採点】
・邦ロックへの影響度  40点
・もやもやした青春   20点
・傷口放置プレイ    20点
・思い出すだけで俺傷心 -2点
78点

A A
スーパーカー

曲名リスト
1. CREAM SODA
2. LUCKY
3. PLANET
4. DRIVE
5. SUNDAY PEOPLE
6. MY GIRL
7. LOVE FOREVER
8. FAIRWAY
9. WHITE SURF style 5.
10. STROBOLIGHTS
11. YUMEGIWA LAST BOY
12. AOHARU YOUTH
13. RECREATION
14. BGM
15. LAST SCENE
16. WONDER WORD

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする