脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】米津玄師 / Bremen [2015]

ネット世代が巻き起こす旋風。

Bremen Bremen
米津玄師

曲名リスト
1. アンビリーバーズ
2. フローライト
3. 再上映
4. Flowerwall
5. あたしはゆうれい
6. ウィルオウィスプ
7. Undercover
8. Neon Sign
9. メトロノーム
10. 雨の街路に夜光蟲
11. シンデレラグレイ
12. ミラージュソング
13. ホープランド
14. Blue Jasmine

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

よねづけんしだ。

普通よねづげんしと読むと思うんだよ。
でもけんしだ。TVでその名前を聴くまで間違ってたぞ俺。
危うく恥をかく所だった。あぶねーあぶねー。


昨年のアルバム『YANKEE』から徐々に話題が広がり、
今年のこのアルバム『Bremen』でついにオリコン1位も獲得、
現在注目度がウナギ以上に上昇中のアーティストの一人だ。

彼の正体は元々はニコニコ動画で活躍し、
ボーカロイド曲のミリオンヒット曲を量産した「ハチP」。
ネット世代アーティストの象徴的な一人である。


時代の流れを感じさせるね。

以前だったら人気が出る事を夢見て
深夜の駅前でギター掻き鳴らしていた人達の活動の場が、
今はネット動画の世界に移って夢を見るようになった、と。

実際それで知名度をグングン上げられる人は一握りだろうけど、
彼はオリコン1位を獲るまでの人気になったわけだ。
ニコニコ動画が有象無象の集まりだと思ったら大間違いだっ!


さて、というわけで彼のこのアルバム、
CMでも曲が使用されていたりと話題だったんだが…

んーーーーー、あれ?割と普通になった?
ハチPとか以前の曲とかと比べて聴くと、
今回のアルバムはかなりスッと入ってくる感じがした。

こんな事言うと
「はいはい分かり易い曲は聴かない自称音楽通乙」とか
自称音楽通にとってはそれはご褒美だぞ的な指摘を受けそうだが、
違う違う、そうじゃそうじゃない。

彼の曲は元々背中とかお腹がもぞもぞするような、
くすぐったいような妙な違和感があったのだ。
どちらかというと奇を衒ってないようでしっかりと
奇を衒ってくるという曲者だったはずだ。

そのいい意味で聴き心地の悪い曲が面白かったんだけど、
今回はアルバム全体を通してそのひっかかりが少なかった印象だ。

メロディもとても聴きやすくなってて、
曲によっては彼の柔らかな声質もあって
バンプオブチキン?」と思ってしまう曲もある。


…あれ、今一瞬、バンプをディスったような感じになったな。
違う、違うぞ!えーっとえーっと、バンプ紅白出場オメデトウ!

まあそんなわけでなんかこう、
もっと別な感じを期待していた分違ったなという事だ。
このアルバムだけ聴いた人には彼の本質をコレで終わらせて欲しくない。

彼は作詞作曲編曲を全て一人でこなしているだけでなく、
イラストやアニメーションも出来る屈指のマルチプレイヤーなのだ。
ああ、また天は二物以上を平気で与えるのか。
もうコレはなんかのバグとしか思えない。早くデバッガー来てくれ。

とにかくよねづけんしは凄いんだぞ!という話だ。
このアルバムもまあええけど、折角なら彼の事に色々触れてみよう!
あと約一年近くよねづげんしと思っててゴメンナサイ


【採点】
・ネット世代の象徴的存在  30点
・すんごいマルチプレイヤー 20点
・よねづげんしと思っててごめんなさい
              10点
・あとバンプにもなんかごめんなさい
               5点
65点

広告を非表示にする