脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Album】ポルカドットスティングレイ / 全知全能 [2017]


ノーモアビジネス。

全知全能(通常盤) 全知全能(通常盤)
ポルカドットスティングレイ

曲名リスト
1. テレキャスター・ストライプ (全知全能 ver.)
2. BLUE
3. 人魚 (全知全能 ver.)
4. フレミング
5. エレクトリック・パブリック (全知全能 ver.)
6. サレンダー
7. 夜明けのオレンジ (全知全能 ver.)
8. 顔も覚えてない
9. ジェット・ラグ
10. シンクロニシカ (全知全能 ver.)
11. 極楽灯
12. ショートショート
13. レム
14. ポルカドット・スティングレイ (全知全能 ver.) (CDのみボーナストラック)
Amazonで詳しく見る by G-Tools


売れるだろうなぁと思ってたらやっぱり売れたよ。
ポルカドットスティングレイ。

いやもう既にだいぶ前から売れたという認識はあったけど、
このアルバムをもって遂に一般にも浸透した感じがするね。
え?ポルカご存じない?ポルカの雫ちゃん知らないの?
激マブよ激マブ。雫ちゃん知らないとか社会人失格よ。

そんな社会人ならば是非見習いたい程の
自己プロデュースの塊のようなキャリアウーマン雫姉さんと、
あとモブキャラ男子3名によるバンド、ポルカドットスティングレイ。
一人男が多いドロンボー一味、ブルゾンちえみwithBって感じ。


というわけでビジネスマン必聴のポルカドットスティングレイが、
ついに1stフルアルバムをリリースしたわけだ。
昨年秋だけど。だいぶ前だな。ごめん。聴くのが遅れた。

それまでEPとかミニアルバムとかばっかで
早くフルアルバム聴きたいよーって思ってたら、
ようやく出ましたよ。その名も『全知全能』です。

やだカッコイイ。考え付く四字熟語の中でも
これ以上のものが無いくらいにカッコいい。
文字もカッコいいし発音しても気持ちいい。


『全知全能』なんて超強気のタイトルなんだけど、
それもこれもあの雫さんだから許されるのである。
彼女は全ての曲の作詞作曲のみならず、アートワークから
各種メディアミックスの企画までこなしている多才なお方なのだ。

彼女が本気で就活しようものなら1000社は内定出る
それくらいにビジネスパーソンとしても有能なのが雫さんだ。
英検3級と剣道初段程度の俺とは比べ物にならない。
TOEICに至っては受けた事もないんだぜ俺。
あ、でも何故かフリスビーは上手いです。

だがそんな俺の特技フリスビー(※正式にはフライングディスク)すら
スマートにこなしてしまいそうな雫さんが率いるバンド、
それがポルカドットスティングレイなのだ。
彼女達が満を持して発売したメジャー1stフルアルバム、
これを聴かずに時代についていけるわけがない。


というわけで期待に胸を膨らませ聴いたのです。
うむ、これは売れる。彼女たちは間違いなく売れるだろう。
そう思ったと同時に、だがしかし、俺は不満だった。
正直期待通りすぎて逆になんか物足りない。そんな感想だった。

既知の曲がかなり多くて新鮮味にかけたと言えばそうだ。
だがそれ以上に曲が全体的にあまりに予想通りのポルカ節で、
雫さんならもっと軽く俺の想像を超えてくると思ってた分、
その分かりきった内容にあまり感動出来なかったというのが本音です。


思えば彼女たちを知ったのは2年くらい前、
収録曲の1発目でもある『テレキャスター・ストライプ』だ。

YoutubeでMVを見て「こりゃいいバンドだ」と一瞬で
ポルカドットスティングレイの名を覚えた。
それくらいのインパクトがあったんだよ。


その印象が俺の中に強く残っているんだろうね。
どうしてもあの日を超えられない。そんなアルバムだった。
初めて聴く人にはいいかもしれないが、俺には響かなかった。
一応昔の曲も(全知全能ver)という事で再レコーディングしており
歌い方も変わっているようだけど基本は同じ曲だ。


さらに言えばこのアルバムからはビジネス臭がしたの。
過去のベスト盤的収録内容になっている点もそうだが、
どうもこうリスナーを意識しすぎている感じがする。

そりゃアーティストだって金稼いでなんぼだから、
売れるものを作る事は重要だと思うよ。
でもアーティストである以上、哲学というか矜持というか
作り手の確固たる意志みたいなものを俺は感じたい。

だがこのアルバムは良くも悪くも世俗に接近しすぎな感じ。
世間に溢れている人間模様等を描くのは誰もがやる事ではあるけど、
ただこのアルバムは映し鏡になりすぎてまとめサイトみたいだった。
そこに切り込んでいく刃がない、ただ投影するのみの作風。

それがポルカのスタイルと言えばそうかもしれないが、
でもだからこそ俺にはビビッとくる感触が無かったのだ。
良く世間を観察してらっしゃる。でもパッションが足りない。
故にとってもビジネス的なアルバムに感じられてしまったのだ。


勿論、歌の乗せ方や言いまわしには「ポルカらしい」部分があって
確かに個性的ではある。もっと凡庸なバンドなんて沢山いる。
でも雫さんが優秀なビジネスパーソンであるあまりに、
めっちゃ大衆を意識したビジネス的な作品になったんだろう。

それも才能なんだろうけど、ビジネス的なモノを避ける傾向がある
ロックパーソンにはやや面白みに欠けるアルバムなんじゃないかな。
あとほら、俺ここ最近ずっと仕事づくめでお疲れだし、
音楽聴いてるときまでビジネス臭感じたくないんです。結局そこよね。
ノーモアビジネス!ギブミーロングヴァケーション!


でも雫さんの顔って昔と比べるとちょっと変わった??
最初の頃は阿部サダヲみたいだったけど
ジャケットのショートカット姿めちゃ似合うやん。
レムのMVもきれいなおねーさんって感じでナイス。

今回のジャケットはこの曲とリンクしてるんよね。


ちなみにだけど、雫さんと俺って実は同じ誕生日だったんよね!
ついこの前知ったんだけど結構驚きの事実。というか嬉しい。
今までずっと「同じ誕生日の有名人は清水国明です」という
薄い誕生日コメント(失礼)しか持ちあわせていなかったんだけど、
これで「同じ誕生日はポルカの雫さんです!」と朗らかに言えるぜ。

そんな俺のためにも、
是非ともポルカには今後ももっと活躍して知名度を上げて貰いたい。
大丈夫、雫さんなら出来る。あと他の男達も頑張って。

雫さん、占いによると今年のてんびん座は「殻を破る年」だそうですよ。
お互い殻を破って新しい自分を掴みましょう。
というわけで応援しています。新しいポルカが観たい!

【採点】
・全知全能雫さん   70点
・漂うビジネス臭  -10点
・新しいポルカを!   5点
・フリスビーやりたい  1点
66点