脱R論

一般人の一般人による一般人のためのゆるくテキトーな音楽ブログ。ロックから脱却出来るその日まで音楽ネタを中心に書き綴ります。

脱R論 - 一般人の一般人による一般人のための音楽ブログ。

【Somg】AKB48 / ヘビーローテーション [2010]

アイドル文化、快進撃の狼煙。

 

10周年のベスト盤の発売が決定したAKB48

デビュー当時は
「ああまた変なグループ出てきたな、まぁ頑張ってね」
とか結構冷ややかな視線を送っていたわけだが…。

いやあ~もう10周年ですか。
デビュー当時の観客は本当に少なかったみたいだが、
こんなにビッグになるとは当時は全く思ってなかったな。

そんなAKB10年の歴史の中でも、
この曲はかなり転機だったんじゃないかと思われる。
AKB第二回総選挙で一位となった大島優子センターの曲だ。


今やAKBの代表曲『 ヘビーローテーション』だけど、
実はこの曲はミリオンに到達していないというのは
意外と知られていないのではないか。

この次のビギナー以降はずっとミリオンなんだけど、
知名度が圧倒的なのがこの『 ヘビーローテーション』だ。
AKB第二回総選挙の話題とも相まって、
この頃からAKBの一般的な認知度が高まったように記憶している。

なにより曲のノリノリ具合と、
シンプルですぐに入ってくるキャッチーさがイイ。
店とかで流れていると思わず一緒に口ずさんでしまう。
例えいい年こいたオッサンだろうと、
いつだって気持ちは「アイウォンチュー」なのである。

カラオケランキングでも通算歴代一位の記録を保持しており、
そこからもこの曲がカラオケ好き民族の日本人に
非常にマッチした大衆音楽の一つの完成系だとも言えるだろう。

実際俺もこの頃にAKBのライブを生で観て、
日本のアイドル文化の底力を実感したのだ。
振り返れば5年前、AKBの10年間の歴史の中でも、
まさにこの曲はその後のAKBの快進撃を決定づけた曲だった。

そしてその後の2010年代の日本のアイドル文化の活況を見るに、
売り上げ枚数以上に色々と大きな役割を果たした曲だと思う。


【採点】
・AKBの重要曲     30点
・キャッチーな大衆音楽 20点
・カラオケ大定番    20点
・オッサンでもノリノリ 10点
80点

【特典生写真無し】ここにいたこと(通常盤) 【特典生写真無し】ここにいたこと(通常盤)
AKB48

曲名リスト
1. 少女たちよ 
2. Overtake(Team A)
3. 僕にできること(Team K)
4. 恋愛サーカス(Team B)
5. 風の行方(倉持明日香指原莉乃高橋みなみ大島優子峯岸みなみ柏木由紀
6. わがままコレクション(多田愛佳前田亜美小森美果佐藤すみれ渡辺麻友松井珠理奈
7. 人魚のバカンス高城亜樹仁藤萌乃横山由依河西智美北原里英佐藤亜美菜増田有華
8. 君と僕の関係(前田敦子板野友美) 
9. イイカゲンのススメ片山陽加小嶋陽菜篠田麻里子秋元才加宮澤佐江松井玲奈
10. High school days(Team 研究生)
11. チームB推し(Team B)
12. チャンスの順番 
13. Beginner 
14. ポニーテールとシュシュ 
15. ヘビーローテーション
16. ここにいたこと(AKB48SKE48SDN48NMB48

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする